オーナー様のおいも株の成長記録をお届けします。他にも店舗情報をお届けします。
by oimokabu
各農園の様子
各農園の様子:鳴門金時
各農園の様子:紅こがね
各農園の様子:安納芋
各農園の様子:霧島紅甘露
いもたこなんきん.com
白ハト食品工業株式会社
 
<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2007年 安納芋収穫祭 その後・・・・
安納芋の収穫を終えた後は、サプライズイベントへ。
種子島と言えば、焼酎!
今回は、焼酎工場の見学に行くことになりました。
b0076710_15284055.jpg

b0076710_1529054.jpg

焼酎の命はなんといっても水です。
綺麗な水でないと、美味しい焼酎は出来ません。
この焼酎工場は、オーナー様の安納芋農園の
直ぐ近くに位置しています。
「以前は違う場所に工場があったのですが、
やはりこの付近の水が綺麗ということで、
移動してきたんですよ。」
と、工場長からお話いただきました。
このお話からも、オーナー様の安納芋農園が、
いかに、美味しい水で栽培されているかが
分かりますね。

一行は、中の工場へ。
入り口付近では、工場へ到着したばかりの
お芋が選別されているところでした。
b0076710_15294563.jpg

b0076710_15295758.jpg

この選別作業を終えると、蒸しに入り、
お芋を粉砕します。
b0076710_15302191.jpg

工場内は、発酵のニオイが充満していました。
一連の作業を終えると、
巨大なタンクに入れ、蒸留します。
綺麗な色ですが、この時点では、
まだ完成していません。
b0076710_15303653.jpg

この後、貯蔵・熟成、ブレンドを行い、
ようやく商品として完成するのです。
見学コースを終えると、
待ってました!試飲です。
b0076710_15305189.jpg

出来たばかりの焼酎が運ばれ、
オーナー様と頂きました。
ふくよかな味わいとまろやかな香りで
存分に楽しませていただきました。

時計を見ると、13時を過ぎており、
お腹もぺこぺこです。
山田ファームマスター案内のもと、
安納芋農園では、おなじみ?
山田ファームマスターのお勧めスポットへ移動。
b0076710_1531242.jpg

到着すると、
山田ファームマスターのばきい(奥様のこと)が、
たくさんの料理を用意してくださっていました。
獲れたての魚(刺身)や、笹に包んだおむすびなど、
現地ならではの食材がたくさん。
b0076710_15321247.jpg

山田ファームマスターは、到着するなり、
焼酎をグイっと飲み干し、
「いや~、オーナー様と一緒に農作業して、
食事出来ることは、何よりも嬉しいね~。」
と、ご満悦。
苗植え会の時と同様に、どこから聞きつけたのか
現地の農家さんが続々と集まって来られ、
「関西から来てくれたって聞いたけど、
どの方ですか?一言ご挨拶しようと思って。」
と、歓迎ムードです。

この日(11月10日)は、暖かい日だったとはいえ、
気が付くと、島の子供は海に潜って遊んでいます。
(本州では、この時期考えられません!)
b0076710_15332114.jpg

でも、本州とは違うこの気候が、
安納芋の味の決め手なのかも知れません。
最後に山田ファームマスターからメッセージをいただきました。
「半年間、応援ありがとうございました。
毎年、多くの方にオーナー登録してもらい、
嬉しく思います。
お届けさせていただいたお芋は、
大きいのからかわいい小さなお芋まで、
様々な形があると思います。
大きさに合わせて、調理方法なども
変えてみてください。
味は自信を持っておりますので!」
オーナー様と山田ファームマスター(右端)の記念撮影。
b0076710_1533470.jpg

また、実行事務局からも全てのオーナー様に、
感謝申し上げます。
ありがとうございました。

来年ももっともっと良い企画にして行きたいと
思っています。引き続きのご登録お待ちしております。
[PR]
by oimokabu | 2007-12-14 15:11 | 安納芋 日記
2007年度「おいも株」霧島紅甘露収穫祭その後
霧島紅甘露の収穫を終えて一行は、
車で昼食会場へ移動です。
今回は、農園から車で15分ほど走ったところにある、
高千穂牧場にて取ることになりました。
b0076710_15112522.jpg

高千穂牧場は、霧島連山を見渡すことが出来る広大な丘に
位置します。
b0076710_15121038.jpg

ここでは、牛や羊が飼育され、牛乳やバター、ソーセージなどが
生産されています。
この日は、土曜日と言うこともあって、
多くの観光客で大盛況。
駐車場も満車です。
b0076710_15114072.jpg

b0076710_15115570.jpg

オーナー様とスタッフは、施設内のレストランにて、
ジンギスカンバーベキューをいただきました。
たっぷりと農作業をした後で、お腹ぺこぺこ。
新鮮な食材はどれもこれも美味しかったな~。

昼食の後は、もう一つの体験イベントとして、
施設内にて、バターの手作り体験をすることになりました。
b0076710_15122632.jpg

綺麗に手を洗ってバター作り開始。
施設の方があらかじめご用意してくださった
バターの素となるミルクの入ったカップを一人ずつ持って、
準備OK。
バター作りその①
先ずは、とにかくカップを良く振ること。上下にカシャカシャと
10分ほど振っていきます。だんだんと音がカタカタと、
変わってきたら、混ぜ合わせOK
b0076710_15124212.jpg

b0076710_15125818.jpg

バター作りその②
次にカップの蓋を開けて布を被せます。
そして中の余分な水気を取り出します。
水気と言っても牛乳ですので飲んでもOK。
私は、飲んでみましたがとても濃厚な味でした。
b0076710_15132344.jpg

b0076710_15133615.jpg

b0076710_15135162.jpg

バター作りその③
水気を取り除いたら、固形物が布に残ります。
コレを氷水で冷やすと手作りバター完成!
b0076710_1514698.jpg

b0076710_15142053.jpg

お味の方は、美味しいのですが、
市販の商品と違い塩などが入っていない為、
?な感じでした。でもコレが本来のバターなんですよね。

オーナー様からは、
「早速、焼き芋をしてバターを付けて食べようかな?」
と、アイデアが出ておりました。
b0076710_15144216.jpg

バター手作り体験を終了した後は、
施設の方から、牧場内の説明をしていただき、
解散となりました。
でも、オーナー様は、
「もう少し、遊んでから帰ります。」
と、言われ、牧場を見学して帰られるようでした。

半年間、ネットを通じて応援してくださったオーナー様、
ありがとうございました。
また、来年のオーナー登録をお待ちしております。
[PR]
by oimokabu | 2007-12-11 14:46 | 霧島紅かぐら 日記
ブログ管理:久保
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
おいも株成長日記について
2011年度
「おいも株」オーナーの皆様!!
大変お待たせしました。
皆様の「おいも株」の苗を
植えてきましたので
報告しま~す。

今年も非常に多くの.
オーナー様にご登録いただき、
各農園の
ファームマスターは喜んでいます。
本当にありがとうございます。
これから半年に掛けて
このサイト上にて、
オーナー様の苗の
成育状況を報告していきますので、
半年間お付き合い宜しく
お願いします。


過去の成長日記を
ご覧頂く場合は右の
「以前の記事」から
検索できます。
その他、下へスクロール
していきますと
過去の成長記録が
ご覧いただけます。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧