オーナー様のおいも株の成長記録をお届けします。他にも店舗情報をお届けします。
by oimokabu
各農園の様子
各農園の様子:鳴門金時
各農園の様子:紅こがね
各農園の様子:安納芋
各農園の様子:霧島紅甘露
いもたこなんきん.com
白ハト食品工業株式会社
 
<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2007年「鳴門金時」収穫祭 その後
収穫を終了して、お次は、オーナー様とファームマスターの
交流タイムの昼食時間の模様です。
b0076710_14144866.jpg

農園から昼食会場までは、車で15分ほど。
大型バス2台で移動です。

午前中、はりきって農作業をしたので、
お腹ペコペコです。

ふと気がつけば、朝、雨が降っていたのに、今は晴天!
汗も出てきました。
青空の下で食べる食事は美味しいだろうな~。
バスがバーベキュー会場に到着すると、
先回りしていたスタッフが待っていました。
「お待ちしてました~、お疲れ様です。」
と、同時に何やら用紙を配っています。
見てみると、「重量コンテスト投票用紙」と書かれています。
今日の昼食時間に開催されるゲームの用紙です。
b0076710_20945.jpg

オーナー様を会場へご案内すると、
バーベキュー担当のスタッフが、
元気いっぱいに調理しています。
b0076710_17195788.jpg

b0076710_1720762.jpg

先ず、オーナー様にお配りさせていただいのは、
やっぱり焼き芋!「鳴門金時」です。
b0076710_17201844.jpg

続いては、大人気!日本一になったばかりの
たこ家道頓堀くくるのたこ焼」です。
b0076710_17203742.jpg

今回は、先日、リニューアルオープンした
くくる京阪京橋店(くくるハナタコ)店長ハナちゃん
くくる大丸心斎橋店 山脇店長が、
自慢の腕を揮って、焼き上げています。
あら、何やらインタビューに応えています。
「日本一のたこ焼の味を
是非、ご賞味くださいませ~!」
元気いっぱいです。
b0076710_17204828.jpg

オーナー様到着を予想して、たくさん焼き上げて
いたのですが、あっという間に無くなりました。
大盛況!よかった、よかった。
b0076710_1721012.jpg

また、特設キッチン内では、普段は、
らぽっぽ」「CHAIMON」「くろ門」の商品を
開発しているスタッフが、これまた、大忙しに
野菜、お肉を焼いています。
そして、前に出てきて一言皆様にご挨拶です。
b0076710_17212321.jpg

オーナー様の食器を見てみると、エコへの取り組み
として、マイ食器を持参していただいている方も
いらっしゃいました。ありがとうございます。

オーナー様、スタッフが勢ぞろいしたところで、
あらためて、乾杯です。
音頭は、半年間、畑を管理してきた
池添ファームマスター。
b0076710_17215363.jpg

「かんぱ~い。」みんなで拍手です。

バーベキューが開始されて30分ほど経過したでしょうか?
今度は、スタッフより催しのご案内。
「こちらのコーナーでは、ただ今、重量コンテストを
開催中です。」
b0076710_17221292.jpg

b0076710_17222879.jpg

箱に入ったお芋の重量を予想して投票する企画。
「一番近く当てた方には景品をプレゼントで~す。」
あっという間に皆さんお集まり。


「こちらでは、お子様を対象としたバルーンアート教室を
開催中です。」とのご案内。
お子様に大人気!お子様も一生懸命、様々な形に
チャレンジしています。
b0076710_17224296.jpg

b0076710_1722582.jpg

b0076710_17231084.jpg

続きましては、先ほど農園で開催された
「宝探しゲーム」の景品交換です。
見事、土の中からカプセルを見つけ出せたオーナー様には、
お近くの「らぽっぽ」でご利用いただける
ポテトアップルパイ無料交換券!!」がプレゼントされました。
b0076710_17232829.jpg

そして、今回、ご参加いただいたオーナー様への
ささやかなお礼として実行事務局スタッフによる生演奏を
させていただくことに、、、、、
(若干、調弦が狂っていたことはご愛嬌ということで・・・)
b0076710_17241180.jpg

その間に、「おいも株」イベント名物「ロシアンルーレットたこ焼」が
焼きあがりました。
b0076710_1725241.jpg

もうお馴染み?たこ焼の中の具材によっては、
景品が当たるというゲーム。
全てのオーナー様にお配りさせていただき、
「せ~の。」でパクリ!
その後は、景品の交換。
b0076710_17235459.jpg

気がつけば15時になっていました。
最後に、スタッフからご参加頂いたオーナー様に
お礼を申し上げ、閉会式となりました。
b0076710_17243128.jpg

b0076710_17244025.jpg

b0076710_17244961.jpg

ご参加の皆様、ありがとうございました。
また、ご参加頂けなかったオーナー様、
半年間、応援ありがとうございました。
これからも「らぽっぽ」「CHAIMON」「くろ門」「芋屋」
通販「いもたこなんきん.com」のご愛顧宜しくお願い致します。

PS:収穫したお芋は、ただ今、熟成中です。
お届けは12月上旬を予定しております。
もうしばらくお待ちくださいませ。

一度、バーベキュー会場で閉会式をしましたが、
バスツアーにてご参加のオーナー様と同行スタッフは、
その後、「鳴門渦の道」の見学へ。
b0076710_1725997.jpg

オーナー様は各々、お土産をご購入されていました。
「鳴門渦の道」では、床がガラス張りになっていて、
海が覗けるスポットがあるんですよ。
b0076710_17261820.jpg

b0076710_17262965.jpg

私は、高所恐怖症なので、5秒と立っている事が出来ずでした。
このツアーにご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
スタッフ一同、感謝申し上げます。
b0076710_17273876.jpg

[PR]
by oimokabu | 2007-11-19 16:44 | 鳴門金時 日記
2007年「紅こがね」収穫祭 その後
収穫を終了して、お次はオーナー様とファームマスターの
交流タイム。昼食時間の模様です。

棚谷ファームマスターですが、前日からオーナー様に
楽しんでいただくために、色々な妙案を考えていました。

昼食は、農園のすぐ横の出荷場にて行うことに。
今回は、160名のオーナー様のお食事の用意。
スタッフは、朝から仕込みに力が入ります。
今日のメニューは、何でしょうか?
食事班のスタッフに確認すると、
「準備は出来てますよ~。お待ちしてます。
本日は、毎度お馴染みのくくるのたこ焼に
バーベキュー、そしてあたたか~い豚汁を
用意しました。」
(豚汁は、棚谷ファームマスターのご好意に
より用意していただきました。)
私も会場に到着し、見てみると、
石原軍団名物を彷彿させる(←古い?)
大きなお鍋に豚汁がいっぱい。
b0076710_1249659.jpg

b0076710_12492513.jpg

ぞくぞくとオーナー様が特設会場に到着。
「お待ちしておりました。さあ~、
どうぞたくさんお召し上がりください。」
と、スタッフの元気な声が会場に響き渡ります。
b0076710_12504810.jpg

b0076710_1334588.jpg

「おいも株」イベントでは、いつも大好評の
くくるのたこ焼。今回は、たこ焼器を2台で
焼いていきます。
b0076710_10262138.jpg

もちろん焼き芋も用意!
やっぱり焼き芋を食べると秋を感じます。
b0076710_1250017.jpg

「どれも美味しい~!農作業でお腹も
すいていたし、いっぱい食べますよ。」
と、オーナー様。
「どうぞどうぞ!ドンドンお焼きしま~す。」
と、スタッフも元気に応えます。
b0076710_14203620.jpg

b0076710_12501635.jpg

b0076710_1420532.jpg

昼食会場でもオーナー様に楽しんでいただこうと、
様々な企画を用意しました。
先ずは、「重量当てコンテスト」。
予め、用意した大きなお芋が何キロか?を
当てる企画。オーナー様ご自身で、
お芋を持っていただき、投票用紙に重さを
記入して頂きます。ずばり的中された方には、
景品がプレゼントされます。
人気の企画となりました。
b0076710_1251315.jpg

また、今回、初の企画として今年の「苗植え会」に
ご参加いただいたオーナー様には、
苗を植える時に、
「収穫時のお芋がどれぐらいの大きさになるか?」
を予想し、その重量を紙に書いて土の中に
タイムカプセルとして、埋めていただきました。
そのカプセルを取り出して答え合わせ。
なかなか当てるのは困難な企画ですが、
なんと、一番近い方で40gの差。お見事です。
素敵な景品をゲットされました。

続きましては、「イラストコンテスト」!
本日の収穫の模様をイラストにしていただきました。
b0076710_1253127.jpg

b0076710_1341518.jpg

棚谷ファームマスター、お芋ソムリエが審査員となり、
ユニークな作品を描いたオーナー様を表彰します。
b0076710_12511769.jpg

そして最後は恒例!
たこ家道頓堀くくるプロデュースの
「ロシアンルーレットたこ焼」です。
一粒づつ一斉に食べていただき、
中に入っている具材によってプレゼントが当たるゲームです。
今回も「わさび入り」が一位とさせていただき、
見事大当たりのオーナー様、感激のあまり、
うれし涙(?)の表彰でした。
b0076710_12514489.jpg

あっという間に15時を過ぎてしまいました。
棚谷ファームマスター始め、スタッフ一同、
楽しい時間をオーナー様と過ごすことが出来、
嬉しく思っております。
b0076710_1343092.jpg

今回、ご参加のオーナー様、
また、ご参加出来なかったオーナー様、
半年間、応援ありがとうございました。
これからも「らぽっぽ」「CHAIMON」「くろ門」「芋屋」
通販「いもたこなんきん.com」のご愛顧宜しくお願いします。

PS:お届けは12月上旬を予定しております。
もうしばらくお待ちくださいませ。
[PR]
by oimokabu | 2007-11-17 10:45 | 紅こがね 日記
2007年度「安納芋」収穫祭リポート!!
「おいも株」収穫祭スケジュールついに最終の農園まで
きました。「安納芋」の収穫です。
私、実行事務局久保は、収穫祭の前日から、
現地入りすることにしました。

大阪伊丹空港から鹿児島空港を経由して種子島入りする予定。
鹿児島空港からは、プロペラ機に乗り換えました。
b0076710_14192246.jpg

今日は晴天。種子島が近づくと、空から島全体が
綺麗に見えます。
b0076710_1419392.jpg

種子島空港に到着し、早速、島の散策。
ざわわ~ざわわ~風が通り抜けるだけ~♪と、
さとうきび畑を通って、30分ほど車を走らせると、
b0076710_1420464.jpg

海沿いに、大きな石碑を発見!
b0076710_14202095.jpg

この石碑は「日本甘藷栽培初地之碑」。
(にほんかんしょさいばいはつちのひ)
ご存知の方も多いとは思いますが、ここ種子島は、
日本で始めて甘藷(おいも)が栽培された土地です。
今から309年前、元禄11年、第19代種子島島主、
種子島久基は、琉球王国から甘藷一籠を譲り受け、
家臣に栽培方法を研修させ、試作を命じました。
苦心の末、成功させ、栽培を可能としました。
これが、日本の初の甘藷栽培、いわば「安納芋」の
夜明けなのです。
b0076710_14204485.jpg

つづいて、訪れたのは、「小浜の塩屋」。
ここは、手作り塩を作っているところ、
竹でやぐらを組み 海から汲み上げた海水を滴らせ、
太陽と風の力で濃い海水を作り出します、
これを結晶小屋へ移し太陽の力で結晶させた、
自然の手造り塩です、加熱など一切していないそうです。
b0076710_1421624.jpg

b0076710_14211844.jpg

生産が少量なので、島の消費だけで全て終了してしまう
らしいです。私は、以前、島の民宿でいただいた事が
あるのですが、市販の塩より濃厚な味で、同じ食べ物でも
「こんなに味を引き出す調味料だとは!!」
と、ビックリした記憶があります。
機会がありましたら、種子島でご試食くださいね。
b0076710_14251734.jpg

さて、当日の模様です。
なんと、この収穫祭に、京都からお二人のオーナー様が
ご参加されることになりました。
それを聞いて、山田ファームマスター大喜び!
「全国の安納オーナー様のように、申し込んでくれるだけでも
ありがたいのに、島まで来てくれるとはね~。」
朝、私は、オーナー様の待ち合わせをして、
ご一緒に農園へ出発です。
車中、オーナー様と会話で分かったのですが、
おばあちゃんとお孫さんでご参加でした。
「おばあちゃん孝行したいな~と思って参加したんです。」
と、お聞きし、私も本日は、少しでもお役に立ちたいと
思ったのでした。
農園に到着し、久しぶりに「おいも株」を見ると、
葉っぱが茶色っぽくなっており、収穫を待っているようでした。
b0076710_14215094.jpg

しかし、この日は暑い!私は直ぐにTシャツ1枚に。
ふと、耳をすませると、本州では考えられない事に
セミの鳴き声が聞こえてきます。
「ようこそ!島へ。」
と、山田ファームマスター、嬉しそう。
b0076710_14221617.jpg

早速、収穫開始。
軍手を装着し、土を掘っていくと、見えてきました。
「安納芋」の白い皮が、、、、
b0076710_14223564.jpg

b0076710_14283732.jpg

普通、1株に3~5個ぐらいおいもがついているのですが、
「安納芋はね~一つの株に、小ぶりなおいもが、
何個も付いている場合があるから、気をつけて
掘らないといけない。」と、説明してもらいました。
そして出てきたおいもは、かわいい大きさがたくさん
ついて、1株で1キロ以上の収穫!!
b0076710_14225594.jpg

気温が高いのもあり、1株を収穫した時には、
すでに汗だくです。
「今日から2日ほどかけて、安納オーナー様の
おいも全てを収穫するから、全国のオーナー様、
楽しみにしてください。」
と、山田ファームマスター。
収穫を続けていると、
「ちょっとコレ見てよ!!」
と、大きな声、取り出されたおいもを見てみると、
ビックリ仰天!20個ほどのおいもが付いていました。
b0076710_14232193.jpg

「いや~何年も甘藷栽培してるけど、こんなに
ついている株を見たのは初めてだよ~。
ビックリしたな~。ちょっとちょっと記念に
撮ってよ。」と、大興奮です!!
見てください↓満面の笑顔です。
b0076710_14233539.jpg

ご参加のオーナー様も大喜びです。
ちなみにおばあちゃまは、79歳と伺いましたが、
全く信じられません。「おいも株」イベント史上、
最高年齢でのご参加になるのですが、とにかくお元気です!
b0076710_14235336.jpg

「この株はご近所さんへあげて、こっちは自分用かな?」
と、ご自宅に帰ってからの予定をたてていらっしゃいました。
収穫をしていると、どこで聞かれたのか?
現地農家さんや地元サーファーまでやってきて、
収穫のお手伝いです。
b0076710_14245076.jpg

「いや~都会の人がやって来たと聞いて嬉しくてね~。」
と、歓迎してくれました。
お昼になって、お腹がすいてきました。
今日は山田ファームマスターのばきぃ(奥様)の
手料理をご用意してくれているそう。
楽しみだな~。今回はここまで、次回、昼食の模様、
また、サプライズとして昼食前に焼酎工場見学を
させていただいておりますので、リポートさせていただきます。
b0076710_14255641.jpg

また、オーナー様のお芋のお届けは、
一度、専用倉庫にて
熟成させ、甘みが出てきた頃に出荷させていただきます。
予定では、12月上旬に出荷させていただきますので、
もうしばらくお待ちくださいませ。
[PR]
by oimokabu | 2007-11-13 13:40 | 安納芋 日記
2007年度「霧島紅甘露」収穫祭リポート!!
「おいも株」収穫祭スケジュールは、半分を終了し、
続いては、宮崎県「霧島紅甘露」の収穫祭です。
実行事務局の久保は、開催日の前日に現地入りします。
宮崎空港に到着すると、相変わらずの宮崎県知事ブーム。
いたる所に東国原知事のパネルが。
b0076710_179381.jpg

空港から高速バスに乗って、津曲ファームマスターに
会いに弊社宮崎工場へ。
(宮崎工場については苗植えリポートをご覧ください。)
近くのバス停まで迎えに来ていただいて、
久しぶりに農園へ出発です。
「津曲ファームマスター、どんな感じに育ってますか?」
「草抜きが苦労したかな?とにかく広い畑なので、
なかなか追いつかないからな~。
でも、心配されたイノシシなどの被害はなかったですよ。」
この畑は山奥に位置することもあって、野生の動物達が
夜中にやってくるそうです。
夜中は畑の周りに電線を張って電流を張って、
防いでいました。
畑に到着すると、見事な景色。畑のバックには霧島連山。
b0076710_1795915.jpg

「こんなに綺麗な景色の場所だったんですね。」
そういえば、苗植え時は雨の日だったので、景色は、
全く見れずでした。
「これでも見えづらいぐらいですよ。普段はもっと
美しいですよ。」
と、津曲ファームマスター。
天気予報では、明日は晴れ。
ご参加のオーナー様もこの景色にびっくりだろうな~。
b0076710_17103791.jpg

そして当日、天気は予報通り、晴れました!
今回の、オーナー様の集合場所は弊社宮崎工場です。
b0076710_17105252.jpg

朝、10時にオーナー様方が到着され、
早速、工場内へご案内し、開会式を行いました。
b0076710_19163945.jpg

本日のスケジュールを説明させていただいて、
全員で畑へ出発します。
b0076710_19171956.jpg

宮崎工場から畑へは車で30分ほどですが、途中、
「今日はホントに良い天気ですよ。」
と、津曲ファームマスターは嬉しそうに話していました。

畑に到着すると、オーナー様から
「うわ~すごく綺麗!」
と、歓喜の声が聞こえました。
畑の前では、収穫方法についてご説明。
b0076710_19174248.jpg

b0076710_1918826.jpg

オーナー様は待ちきれない様子。
それでは収穫開始!
皆さん軍手を装着して、農業体験です。
「意外に土って柔らかいんですね。」
と、オーナー様。
b0076710_19192119.jpg

b0076710_19193542.jpg

土が固いと、お芋が大きくなろうとしているのを
邪魔してしまいます。
そうならないために、春の苗植えをする前に
津曲ファームマスターは、何度も土を耕しました。
b0076710_19195579.jpg

出てきたお芋は、綺麗な赤紫色の皮をしていて形も良い。
「当たりの株の隣は少ししかお芋が付いてなかったよ~。」
と、オーナー様。隣の株が栄養をたっぷり取りすぎたのかな?
オーナー様は、収穫に夢中です。
小さなお子様は、体中、土だらけ。楽しそう!
b0076710_19201465.jpg

「今日から今回参加出来なかったオーナー様の株を
収穫していくけど、思った以上に綺麗な形で
ホッとしてますよ。春からず~っとドキドキしながら
栽培してましたからね~。」
と、津曲ファームマスター。
時計を見ると、12:30です。
お腹がすいてきました。
今回は、畑近くの牧場で昼食をとる予定です。
皆さんで記念撮影をし、牧場へ移動となりました。
b0076710_19204164.jpg

また、オーナー様のお芋のお届けは、
一度、専用倉庫にて
熟成させ、甘みが出てきた頃に出荷させていただきます。
予定では、12月上旬に出荷させていただきますので、
もうしばらくお待ちくださいませ。
[PR]
by oimokabu | 2007-11-12 16:24 | 霧島紅かぐら 日記
2007年度「鳴門金時」収穫祭リポート!!!
さあー鳴門金時の収穫祭です。
鳴門金時収穫祭には関西方面のオーナー様から
遠くは九州の福岡県からお越しのオーナー様まで
総勢151名の参加者で開催されました。
当日の様子を報告します。

今回は昨年もご好評いただいた新大阪駅~農園までの
ツアーバスを導入ということで
私、実行事務局久保は新大阪駅からオーナー様と
一緒に農園に向かうことに。
b0076710_1173273.jpg

車内ではご挨拶と本日のスケジュールの発表を
させていただきました。
b0076710_1175829.jpg

途中、渋滞に巻き込まれてしまい、
予定時刻より少し、遅れての農園到着。
マイカーでお越しのお客様には、
お待ちいただいてしまいました。
申し訳ございません。
b0076710_118337.jpg

参加オーナー様が勢ぞろいしたところで開会式です。
若干、雨が降っていましたので、
今回は、直営農園内のビニールハウスの中で、
行いました。
b0076710_1184931.jpg

「オーナーの皆様、おはようございまーす。」
「おはようございまーす。」
皆さん元気いっぱいです。
151名参加の収穫祭に地元新聞社も
取材に来ていました。
本日のスケジュールと注意事項の案内を
させていただき、池添ファームマスターから
収穫方法についてレクチャー。
b0076710_1111822.jpg

b0076710_11113035.jpg

池添ファームマスターは、半年間、
オーナー様のお芋を毎日、管理してきました。
本当に、この日を楽しみにされていたそうです。
レクチャーが終了し、外を見てみると、
なんと、タイミングよく雨があがっていました。
b0076710_11114938.jpg

「今日はいっぱい収穫するぞー!お・い・も・ダ~!!」
の掛け声で、収穫開始。
今回は、大きく3班に分かれての収穫となりました。
b0076710_1112895.jpg

池添ファームマスターが一組ずつ廻って細かくレクチャー。
本日は、ご家族や、アベックの参加も多い。
皆、楽しそう。
それぞれ箱を持って畑に入ります。
b0076710_11122831.jpg

b0076710_11124538.jpg

b0076710_1113479.jpg

「お芋が地上に出てきても直ぐに
箱に入れないようしてください。」
と、池添ファームマスターからのアドバイス。
収穫したてのお芋は、非常にデリケートで、
皮は、もろく、剥がれやすくなっています。
知ってましたか?
収穫したら、先ずは、畝(うね)の上で、
お芋を寝かして、皮を乾かしてあげます。
10~15分ほど、乾かしたら、
箱に入れてあげます。
b0076710_11145984.jpg

b0076710_13405257.jpg

「大きいお芋の他に小さくて可愛らしい
お芋も付いてたよ。」
との声に振り向くと、1株の中に、
様々な形のお芋が付いているオーナー様がいたり。
「こっちは焼き芋で、これはお芋のチップにします。」
と早くも献立を練っている方も。
心配された雨は、収穫を開始してからは、
全く降らず、心地よい風が吹いて、気持ちE!

少し離れた計量コーナーでは、オーナー様の
本日の収穫高を計量中!
「ほとんどのオーナー様が、3キロ以上あるよ!」
と、スタッフも嬉しそう。

オーナー様の収穫が終えたら、続いては、お楽しみの
宝探しゲームです。
このゲームも毎年恒例になりました。
毎年、ご参加いただいているオーナー様からは、
「今年の景品は何ですか?
昨年は当てたんですよ!今年も狙います。」
と、お話いただきました。
b0076710_1114747.jpg

b0076710_11142114.jpg

広い畑の畝(うね)に2列になり、
構えます。
「2007年度鳴門金時収穫祭宝探しゲームスタート!」
の声と同時に、一斉に土を掘っていきます。
b0076710_11153728.jpg

b0076710_11155189.jpg

かなり奥深くまで入っている宝もあるので、
お芋の収穫より、大変かも!?
「あった~!」
と、あちらこちらで声が聞こえてきます。
宝を見つけ出せた方は大喜びです。
b0076710_11161074.jpg

「宝は、昼食会場にて景品と引き換えに
なりますので大事持っておいてくださいね。」
と、案内させていただき、お次は昼食会場へ移動。
昼食会場へは車で15分ほどの場所に位置するため、
さらに大型バスをチャーターしました。
オーナー様が昼食会場へ出発した後は、
池添ファームマスターと実行事務局スタッフで
今回、ご参加出来なかったオーナー様の
お芋を丁寧に収穫させていただきました。
b0076710_11163250.jpg

今回はここまで。
昼食会場での模様は次回にご報告させていただきます。
お楽しみに!

また、オーナー様のお芋のお届けは、
一度、専用倉庫にて
熟成させ、甘みが出てきた頃に出荷させていただきます。
予定では、12月上旬に出荷させていただきますので、
もうしばらくお待ちくださいませ。
[PR]
by oimokabu | 2007-11-05 15:55 | 鳴門金時 日記
2007年「紅こがね」収穫祭リポート!!
ついにやってまいりました収穫祭。
今回は、10月20日に茨城県なめがた市にて
開催された「紅こがね収穫祭」の模様をお伝えいたします。

実行事務局スタッフは前日に現地入りし、
棚谷ファームマスターと打ち合わせ。
「毎年、参加オーナーさんが増えてきて嬉しいね。
でも、それだけ期待が大きくなってきているから、
その期待を上回らないといけないな~。」
と、全員、待ち遠しそう。
その後、畑へ移動し、
当日、ご来園されるオーナー様のために、
半年の間に長~く伸びたお芋のツルをカットしていきました。
さあ~早く明日が来ないかな~。
写真↓は、前日の準備の様子。
夕方からは雨が降ってきましたので、
画像が乱れております。
b0076710_17155770.jpg

そして当日、心配された天気は前日の夜のうちに
降ってくれたおかげで、快晴です。
今回は、関東地区では、初めての試みとして、
東京駅出発のツアーバスを導入しました。
おかげ様で大好評!満員御礼のツアーバスからは、
「無事出発しました~!」との連絡。
会場では、マイカーでお越しのオーナー様を
お迎えする準備を急ぎます。
b0076710_17163212.jpg

9時半になると、ぞくぞくとオーナー様が会場に到着。
ツアーバスも無事に到着です。
今年の「紅こがね収穫祭」に参加されたオーナー様は、
なんと157名!!!ありがとうございます。
開会式は、施設内に入りきれなく、野外にて行うことに。
b0076710_17172387.jpg

「おはようございま~す。」
と、私の声に、元気よく返していただきました。
本日の注意事項をご説明させていただいた後は、
お待ちかね、棚谷ファームマスターの登場です。
今日のファームマスターはテンションが高い!!
b0076710_17182793.jpg

しかも、オーナー様にとって嬉しい報告が・・・・
「なんと、今日、オーナー様が収穫する畑の中には
金の芋と銀の芋が埋まっているらしいですよ。
もし、金の芋と銀の芋を発見出来ると、
景品が当たるのです!」
と、説明すると、
「おおおお~!」
と、オーナー様から大きな歓声が聞こえました。
b0076710_17185110.jpg

畑に移動し、改めて収穫方法をご案内。
b0076710_17193657.jpg

オーナー様は、今か今かと待ちきれない様子。
「いっぱい収穫するぞ~!エイエイオー!」
の掛け声で、収穫開始。
b0076710_17201338.jpg

らぽっぽ、CHAIMON、くろ門の店長も参加させていただき、
オーナー様の収穫のサポートをしていきます。
その中でも男性スタッフは、重たいお芋の
運び役を担当しました。
次々に収穫されるお芋を見てみると、大きいお芋ばかり。
b0076710_1721553.jpg

大収穫です。参加オーナー様も大喜びです。
ご自宅でお芋の到着の到着をお待ちのオーナー様、
期待してお待ちくださいね。
「ホント、毎年、参加してるけど、大きいお芋が
出てきて嬉しいです。」
と、毎年、ご参加くださるオーナー様から嬉しいご意見。
b0076710_17222595.jpg

b0076710_17225454.jpg

b0076710_17233595.jpg

その他、初めてご参加いただいた方からも
「私は、芋掘りなんて幼稚園以来!
こんなに農作業が楽しかったなんて。」
とのご意見もいただきました。
嬉しいですね。実行事務局のスタッフ含め、
最近は、土と触れ合う事が少なくなってきました。
久しぶりの土の感触、収穫の喜び、力仕事、
農作業って楽しい!
b0076710_17242743.jpg

b0076710_17244596.jpg

収穫を終えたオーナー様は、計量コーナーへ移動。
箱にいっぱい入ったお芋を計量してみると、
「凄~い!」とスタッフの声が!
嬉しい事に、ほとんどのオーナー様のお芋が3キロオーバー!
中には、5.5キロもあったオーナー様も・・・・・
ツアーバスでご参加のオーナー様の中には、
収穫されたお芋が重たいからと、宅配便を使われる方も
いらっしゃいました。
計量が終了すると、今度は、開会式で説明のあった
宝探しゲームが行われます。
昨年までは、1本の畝だけで行われましたが、
今年は、参加オーナー様が多数でしたので、
2本の畝を使用して行うことにしました。
先ずは、オーナー様にご自身で掘っていただく場所へ
移動していただきます。子供たちは走って移動です。
b0076710_17252469.jpg

b0076710_17262160.jpg

「早く場所を確保したからといって、
宝が出てくるかは分かりませんよ~。」
オーナー様の用意が出来たところで、
「2007年度収穫祭宝探しスタート!!」
の合図で、一斉に掘っていきます。
しばらくすると、
「あったーーーー!」の声が、あちこちから聞こえてきました。
b0076710_1726554.jpg

探し当てたオーナー様は、ガッツポーズです。
「宝は、後ほど昼食時に素敵な景品と
交換させていただきますので、
大切にお持ちください。」
と、ご説明させていただきました。
時計を見ると12時を過ぎています。
たくさん農作業をしたので、お腹が空きました。
昼食会場へ移動です。
その前に、ご参加いただいたオーナー様と
スタッフで記念撮影。
b0076710_17264645.jpg

160名のオーナー様が一枚に収まるのは、
困難であり、ちょっと遠い場所からの
撮影となってしまいました。
(ご参加いただいたオーナー様、
ご自身がどこに写っているか?
分かりますか?)

次回は、昼食会場での模様を
リポートさせていただく予定です。
今回、ご参加いただいたオーナー様、
ありがとうございました。
また、ご参加出来なかったオーナー様、
皆様のお芋は、ファームマスターと
実行事務局にて責任持って収穫させて
いただきました。
お届けに関しましては、一度、専用倉庫にて
熟成させ、甘みが出てきた頃に出荷させていただきます。
予定では、12月上旬に出荷させていただきますので、
もうしばらくお待ちくださいませ。
[PR]
by oimokabu | 2007-11-05 14:56 | 紅こがね 日記
ブログ管理:久保
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
おいも株成長日記について
2011年度
「おいも株」オーナーの皆様!!
大変お待たせしました。
皆様の「おいも株」の苗を
植えてきましたので
報告しま~す。

今年も非常に多くの.
オーナー様にご登録いただき、
各農園の
ファームマスターは喜んでいます。
本当にありがとうございます。
これから半年に掛けて
このサイト上にて、
オーナー様の苗の
成育状況を報告していきますので、
半年間お付き合い宜しく
お願いします。


過去の成長日記を
ご覧頂く場合は右の
「以前の記事」から
検索できます。
その他、下へスクロール
していきますと
過去の成長記録が
ご覧いただけます。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧