オーナー様のおいも株の成長記録をお届けします。他にも店舗情報をお届けします。
by oimokabu
各農園の様子
各農園の様子:鳴門金時
各農園の様子:紅こがね
各農園の様子:安納芋
各農園の様子:霧島紅甘露
いもたこなんきん.com
白ハト食品工業株式会社
 
カテゴリ:安納芋 日記( 38 )
安納芋 8月末の様子 2006年9月1日更新
9月1日更新

8月が終わり、9月に入りました。
朝夕涼しくなりましたが昼はまだまだ暑いですね。
今回は種子島農園の8月末の様子をお伝えします。

心配された台風ですが8月は大きな台風が
九州に上陸しましたが、畑に被害は
ありませんでした。ご安心ください。
しかし、ここ種子島は台風の他に心配なことは鹿です。
鹿の被害は害虫のように葉っぱを食べるだけに終わらず、
おいもをそのまま持ち去り畑を荒らします。
とは言っても人間の道路開発等で、
鹿も住む場所や餌の確保に困っているのも事実です。
人間と動物の共存という現代の難しい問題を
考えていかねばなりませんね。

山田ファームマスターは鹿をいためずに、
おいもの被害がでないように畑に防護ネットを張ったり、
定期的に畑をチェックして防いでくれています。
今のところオーナー様のおいもに被害は無いそうです。

畑を見てみましょう。
b0076710_13565139.jpg

だんだんと葉っぱの色が7月の濃い緑色から
少し薄い緑色に変化してきていますね。
「この葉っぱが少し茶色になる頃が
  収穫の時期という合図かな?」
今の時期は、7月までに大きく広げた葉っぱが
太陽の光を受けて、土の中でおいもを大きくしています。
先日、試しに掘ったおいもはまだ小さかったのですが
この時期のための準備期間だったのです。
b0076710_1357777.jpg

この看板をご覧ください。
種子島の熱い日差しで日焼けして良い味が出てきています。
この看板も山田ファームマスターと一緒に
毎日オーナー様のおいもを見守ってくれています。
収穫まであともう少しです。
山田ファームマスターよろしくお願いします。

最後に8月末に農園の近くで行われた夏祭りの
様子をどうぞ。
b0076710_13571788.jpg

写真は地元の子供達。
「がんばって神輿をかつぐぞー。」
みんな楽しそう。
オーナー様、写真をもう少しよくご覧ください。
安納小学校って書いていますね。
安納芋の安納は地名だったのです。(知ってましたか?)
安納という名前の由来は平安時代末期に種子島まで
およんだ源平合戦が「安らかに納められた(終息した)」ということから
「安納」と名づけられたそうです。
トリビアになりましたか?(笑)

山田ファームマスターへのお便りお待ちしています。
コチラをクリックしてください。
[PR]
by oimokabu | 2006-09-01 13:51 | 安納芋 日記
安納芋を試し掘りをしました。 2006年8月12日更新
安納芋 8月12日更新

台風がやってくる季節になりました。
ここ種子島の台風は毎年、本土の台風とは比べられないほど
激しい台風がくるそうです。
「おいも株」はそんな台風に勝てるのかな?
しっかり根をはってくれているのかな?
土の中の状況はどうでしょうか?
今回は試しに掘ってみました。

先ずは畑全体の写真↓
b0076710_13582938.jpg

綺麗な緑色ですね。
畝(うね)と畝の間の溝は完全にツルで覆い尽くされています。
畑の向う側には雲ひとつ無いスカイブルーの空。
とっても綺麗ですね。
夏休みを利用してサーファーがたくさん訪れているそうです。
いいなー。綺麗な海で泳ぎたい!

近づいて葉っぱを見てみると↓
b0076710_13592787.jpg

太陽の光を浴びようと力いっぱい大きく広げていますね。
大きさは縦横で13センチX11センチです。
「あともう少し広がるなー。」
と山田ファームマスター。

そして試し堀りへ。(ワクワク)
どうですか?
今、土の中ではこのような感じに育っています。
b0076710_1402429.jpg

畑一面を緑色に染めているツルですが、
コチラは80センチ程に伸びています。
持っているのはもちろん山田ファームマスター。
「安納芋はもともと小ぶりなおいもだけど、
今のところ順調だなー。」
b0076710_1413429.jpg

重さを量ってみると大きいおいもで90g程ありました。
小さいおいもだと20g程。
まだまだこれからですね。

最近は雑草がツルのまわりに生えてきたので
除草作業が中心とのこと。
写真でしか見れないけど、すくすく育っていますね。
山田ファームマスター!
これからもよろしくお願いします。

       ★☆★☆★☆ ニュース ★☆★☆★☆
       山田ファームマスター東京へ行くの巻
       ★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
8月8日、8月9日の2日にかけて東京有明の
東京ビッグサイトにて
「アグリフードEXPO2006」が開催されました。
この展示会に弊社白ハトグループが出展することになり、
山田ファームマスターは
「自分の作ったおいもがどのように展示されているか見たい!」
とはるばる来場されました。
当日の様子はコチラ↓
b0076710_15183828.jpg

b0076710_15185270.jpg

また、
「せっかく東京へ来たのでお店も見たいなー。」
とのことで三越銀座店CHAIMONへも来ていただきました。
山田ファームマスターがお店に来るのは
もちろん初めて。
b0076710_15204332.jpg

「いやー僕の作ったおいもがこんな綺麗なケースで
販売されているとは・・・」
感激の様子。
CHAIMONのお芋ソムリエKANさんと久々の対面。
黒いキャップをかぶっているのがお芋ソムリエのKANさんです。
b0076710_1522058.jpg

「今年も美味しいおいもを作って下さいね。」
「まかしといてください。」
と会話がはずみました。
b0076710_15223650.jpg

最後は記念撮影してまたの再会を約束しました。
[PR]
by oimokabu | 2006-08-10 13:48 | 安納芋 日記
種子島 気象情報について 2006年7月24日更新
7月24日更新

種子島の気象情報についてお知らせします。

最近の長雨で天候が心配になり、
種子島の山田ファームマスターに連絡をしました。

「南九州や沖縄では雨や台風で天候が荒れているようですが
大丈夫ですか?」
「そんなこと無いよ。みんな心配して電話くれるんだけど、
(雨が)ひどいのは鹿児島本土だよ。」
「え?どういうことですか?」
「同じ鹿児島でも種子島は離れてるからさ。
今日なんてカンカン照りだよ。」
あら。拍子抜けしました。
ここ最近は晴れてる日が多く、毎日暑い日が
続いているそうです。

「今日なんて天気がいいから、稲刈りするぐらいだよー。」
もう稲刈りですか?
種子島では日本で一番早く稲刈りをすることでも
有名です。
写真を見てください。
もうお米が出来ていますね。
b0076710_17324854.jpg

「あまりに天気がいいので、
逆に雨が降って欲しいぐらいだよ。」
ちょっと「おいも株」はのどが渇いてきた様子。

6月は雨が多かったのですが、今は
天候が安定しているようです。
よかったー。
オーナーの皆様ご安心ください。
[PR]
by oimokabu | 2006-07-24 15:54 | 安納芋 日記
安納芋農園の最近の様子 2006年7月19日更新
7月19日更新

最近の安納芋農園の状況を報告します。

6月は非常に雨が多い月でした。
台風が近づいていてオーナー様もヒヤヒヤ
されていたのではないでしょうか?
写真は農園から200メートル程進んだところの海です。
b0076710_17524178.jpg

この日も波は高く、風がきつい日でした。
まだまだ台風の季節はこれからですが、
ご安心ください。
8月ぐらいに大きな台風がやってくることが
予想されますが、今の時期にしっかりとおいもが根を
はっておけば、吹き飛ばされません。
だから今は大事な時期です。

苗の様子についてコチラの写真は苗植えをしてから
約1ヵ月後の写真です。(6月末の写真です。)
b0076710_17564867.jpg

葉っぱが大きく広がってきていますね。
「この時期はホントに雨が多くてよー。
心配だから何度も何度も畑を見に行ったよ。」
と山田ファームマスター。
いつもありがとうございます。

雨が降りすぎると、ここ安納芋農園ではマルチを
つけていないので、畝が崩れてしまいます。
コチラの写真では少し畝の山が無くなっていますね。
b0076710_17575231.jpg

「畝が崩れてしまうと、苗が土から栄養を取ろうと
しているのに栄養が取れなくなってしまうからね。
コレばかりは自然なものなので、しょうがないけどな。」
崩れてしまった場合などは畝の修正作業をします。
雨がつづくと気が抜けませんね。

そしてコチラは最近の畑の様子。(7月上旬の写真)
b0076710_1843763.jpg

ツルが伸びてきましたね。今で約30センチ程です。
これから8月にかけてもっと伸びていきます。
他の品種に比べてみると葉っぱの色が
紫っぽくなっています。これが安納芋の葉っぱの
特徴です。
b0076710_1853929.jpg

どうですか?同じさつまいもの仲間でも
それぞれ葉っぱに微妙な違いがあります。
写真は雨があがった時に撮影しました。

そろそろ土の中がどのようになっているのか?
見たくなってきました。
次回は試しに掘ってみたいと思います。
[PR]
by oimokabu | 2006-07-20 14:49 | 安納芋 日記
「安納芋」気象情報について 2006年7月7日更新
台風が近づいています。
オーナー様もご心配されているかと思います。
私も心配・・・
なので電話してみました。
「台風なんて毎年きてるものだから
大丈夫だよ(笑)。心配ないよ。
全然農作業できないのはさみしいかなー?
反対に今の時期に雨が降ってくれると
苗の活着(かっちゃく)が良くなるから
良いんだよ。
でも雨が止んだ後は雑草抜きが大変なのよー。」
ホッ。確かに言われてみればその通り。
ファームマスター雨の日はお家で
ゆっくりされているそうです。
どうぞ皆様ご安心を。

写真は近々公開予定です。お楽しみに。

b0076710_19231125.jpg

[PR]
by oimokabu | 2006-07-07 18:20 | 安納芋 日記
安納芋苗植え会パート2 2006年7月4日更新
7 月4日更新

前回は「安納芋」の苗植えの様子をお伝えしました。
今回はその後の様子をお伝えします。

苗植えを終えた後、一行は宿へ。
本日の宿は農園から30分程車で移動した所にある
「珊瑚礁(さんごしょう)」という民宿でした。

宿に着いて驚き。
アコウという大きい大きい大木が一行を迎えてくれました。
(ガジュマルに似ています。)
b0076710_16142873.jpg

「こんにちはー。本日はお世話になります。」
部屋に荷物を置いて夕ご飯。
もうお腹ペコペコ。
「今日のメニューは何ですか?」
「今日は島で栽培した野菜を煮込んだ
ポルトガル風パスタかな?名前なんてないよ。」
「ポルトガル風?」
b0076710_161730100.jpg

種子島は戦国時代にポルトガルから初めて
鉄砲が伝来された土地です。
「珊瑚礁」のオーナーは、宿泊客に
種子島の歴史を伝えていきたいと考えて、
ポルトガル料理を出してくれているのです。
上の写真の料理ですが、ピーマン・にんじん・
なんきんをバターで煮込み、最後にお好みで
パスタを和えて食します。
味は星5つ! ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ !!
さらに一品料理の「落花生の塩茹」では
歯ごたえが抜群で美味しい~!
落花生を茹でて食すのは
種子島の方の一般的な調理方法だそうです。
その土地によって色んな調理方法が
あるんですね。
調理方法は簡単!
お鍋にたくさんの水を入れて沸騰させて、
落花生を入れて適度に塩を入れるだけ。
皆さんも是非やってみてください。
b0076710_16191857.jpg

次の日種子島を散策。
先ずはサーファーを見に行こうと鉄浜(かねはま)海岸へ。
b0076710_16231544.jpg

ここは大きな波が来るということでサーファーに
人気のスポットらしく、朝早くから数名、
波に乗っていました。
b0076710_1647618.jpg

近くで海を見てみると凄く透き通っていて綺麗。
泳ぎたくなっちゃいました。

次に山田ファームマスターから
「安納芋意外にも作物栽培してるから見においでよ。」
とお話があったのでご自宅を訪ねることに。
山田ファームマスターのご自宅には
ビニールハウスがたくさん。
b0076710_12481880.jpg

「これは今何を栽培してるのですか?」
「これはねー。パッションフルーツ。」
b0076710_12491724.jpg

今、種子島や沖縄ではパッションフルーツの栽培が
盛んで、7月頃出荷予定です。
皆さんのところにも出荷されるかも!

この後、近くの温泉施設に見学に行くと、
タイミングよく「パッションフルーツ」のジュースを
販売していたので、試飲してみました。
「んん~~ん 酸っぱーい。けど、おいしー!」
レモンの味とオレンジの味を足して2で割った味でした。
b0076710_16552563.jpg

次に島を南下してインギー鶏の里を見学。
b0076710_12501358.jpg

このインギー鶏ですが、純血となると、日本では
ここでしか飼育されていません。
今から百余年前、イギリスの帆船が種子島に漂着し、
その時、種子島の人々が温かく船員を迎え、そのお礼にと
数羽プレゼントされたのが始まりとか。
b0076710_12535677.jpg

当時の人々はイギリス人を
「インギーさん」と呼んでいて、
イギリス人の方からこの鶏をいただいた事から
「インギー鶏」と名がついたそう。
今でも島の方はみんな優しい人ばかりです。

昼ぐらいになり、ゆっくりとドライブしていると
何か変わった木のオブジェを発見!
ナンダナンダ?と近くまで寄ってみて聞いてみました。
b0076710_12552924.jpg

「こんにちはー。これは何を作ってるんですか?」
「これは天然の塩を作ってるんですよ。」
「塩ですか?」
「そうです。海水を汲み上げて、あの木の上から流し、
このハウスで干して塩が出来るんですよ。」
b0076710_12562457.jpg

なるほどなるほど!早速試食させていただく。
「これはウマイ!!少し辛いですね。」
「これが本来の塩の味ですよ。」
b0076710_1259813.jpg

普通の塩に比べて濃厚で、結晶が大きい!
焼き魚に合いそう!
「一人で作ってるので、生産が追いつかないんですよ。」
と場所はシークレットとのことでした。

こんな楽しい感じで種子島散策を終了。
他にもご存知の通り、「種子島宇宙センター」などもあり、
観光スポットはたーくさん。
お土産には種子島特産の芋焼酎がおススメ。
b0076710_134988.jpg

オーナー様も収穫祭に来てみませんか?
少し遠いですが、近くには屋久島もあり、
見所たーくさん。何回行っても飽きませんよ。
[PR]
by oimokabu | 2006-07-04 16:09 | 安納芋 日記
安納芋の苗植え会に行ってきました。 2006年6月9日更新
お待たせしました。
5月29日に安納芋の苗を植えに
鹿児島県種子島に行ってきました。
b0076710_1424182.jpg

種子島までは大阪伊丹空港から朝8:10発の飛行機で
鹿児島空港に行き、小型飛行機に乗り換えて種子島空港へ。
(直行便はあるけど時間が不便なんです。)
b0076710_14424485.jpg

いやー小型飛行機は怖かったー。
私にとってはジェットコースターに乗ってるような感じ。
b0076710_1448633.jpg

12:00前に着いた種子島空港は昨年新しくオープンし
「コスモポート種子島」と名前を変えて綺麗になっていてビックリ。
早くもサーファーもいました。
私もやってみたいものです。(出来るのか?)

農園まではレンタカーを借りて空港から20分の移動。
昨年の「おいも株オーナー制度」でも来たので
懐かしいなーなんて思っているうちに農園へ。

そこでは山田ファームマスターが早くも畝(うね)作りの真っ最中。
b0076710_14514969.jpg

「お久しぶりです。」
「おー、久しぶりだなー。」
と作業を中断し、私の方へ。
b0076710_14533980.jpg

「今年は日照時間が短くて苗の栽培には苦労してると。」
そういえばニュースで天気が不安定だなんて最近よく見ますね。
ここ種子島でも例外ではありません。
「でも全国のオーナーさんのためにがんばってますよ。」
ありがたいですね。山田ファームマスター、
今年もよろしくお願いします。
b0076710_145741100.jpg

作業に戻り再び畝作りへ。しばらくして
「どうだ久保君もやってみるか?」
「えっ?」
なんと!私が!?
よーし!いっちょやってみるか!
ファームマスターには負けないぞー!
b0076710_1456388.jpg

ブルンブルン・・・・
初めて乗車するトラクターは車でいうミッション車ような感じ。
ドドドドドんんん?まっすぐ進まない!
タイヤがぬかるんだ土に埋もれて真っ直ぐ進んでくれません。
後ろを見てみると曲がったタイヤの後が・・・・(笑)
b0076710_14595438.jpg

見ているのと実際にやってみるのでは全然違います。
地元農家さんが途中から手伝いに来てくれたのですが、
到着するなり、
「あらま!曲がっとるよ。(笑)」
と笑われてしまいました。
オーナー様の大事な畑です。
バトンタッチし、後はファームマスターにお任せしました。
b0076710_15163.jpg

畝が出来たところでおいもの苗植えへ。
畝1本約40メートルあり、1本1本ていねいに植えていきます。
良く見てみると畝にマルチをしていないことに気づきましたか?
b0076710_15575134.jpg

ここ種子島では気温が他の品種の産地に比べ高いため、
マルチをつけると土の中が高温になりすぎて、
形が揃わなくなったり、大きすぎて食べにくいおいもに
出来上がってしまいます。
皆さんが食べやすいおいもにするためにも、
土の温度管理をしているわけです。
ファームマスターのこだわりですね。

そして植え方ですが、安納芋の苗は土に対して
斜めに突き刺すように植えていきます。
(農業用語で船底植えと言います。)
約30センチの1本の苗にフシ(写真の赤マル部分:
茎から枝分かれした部分です。農家さんはその部分を
フシと呼んでいます。)が6.7本付いてますが、
先から3本ぐらいのフシを残し(写真の緑色部分)、
残りを土の中に埋めてあげます(写真の黄色部分)。
b0076710_200469.jpg

この埋めてあげたフシの部分からおいもが出来ます。
(写真だと赤マル部分からおいもが出来ます。)
フシが1本だけしか埋まっていないと、
1株につき、1個しかおいもが出来ません。
(つまり1個の大きな大きなおいもが出来ます。)
ですので、フシを3、4本ぐらい埋めてあげることによって
食べやすい大きさのおいもが出来ます。
それに綺麗に間隔を開けて植えていかないと、お隣の苗どおしで
おいもが出来る時にぶつかってしまいます。
なので25~40センチ間隔をあけます。
b0076710_160880.jpg

むつかしいなー。
「もっと間隔を空けてね。」
ファームマスターからもアドバイスしてもらいながら苗植え。
いい汗かいてるなー。楽しいー!
b0076710_1611458.jpg

地元農家さんにも手伝っていただき
一日掛けて苗植え完了。やったぜ!
b0076710_1621271.jpg

最近は雨続きでファームマスターは苗植えが心配だったそうですが、
今日は日差しがきつくも無く、絶好の苗植え日和で
「いやー今日でよかったね。」
とホッとした様子です。
b0076710_1627619.jpg

来週には天気が悪くなるらしいので、今日でよかったー。
さすがはファームマスター長年の勘ですね。

苗植えの後はせっかくここまで来たので種子島を
散策しました。
その様子はまた報告させていただきます。

皆様のおいも株が美味しく育ちますように。
[PR]
by oimokabu | 2006-06-09 08:50 | 安納芋 日記
安納芋ファームマスター紹介2006年5月31日更新
b0076710_11373235.jpg
安納芋のファームマスターは山田利光さんです。

氏名 山田利光
生年月日 昭和26年9月27日
年齢 54歳
血液型 A型 
出身地 鹿児島県種子島

おいも株オーナー制度のパンフレットでも紹介されていたファームマスターです。
山田ファームマスターは生まれも育ちも種子島で、
小さい頃から家業の農業を手伝っていたとのこと。
「安納芋を全国の人に食べてもらいたい!」という熱い男!
この道何十年のベテランファームマスターです。

「好きな食べ物は何ですか?」
「な~んでも好きだよ。」

「好きな事は何ですか?」
「仲間と一緒に焼酎(もちろん芋焼酎)を飲むこと!」

という、地元を愛し仲間を大切にする、
やさしい中にも熱いものを感じる方です。
[PR]
by oimokabu | 2006-05-31 22:27 | 安納芋 日記
ブログ管理:久保
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
おいも株成長日記について
2011年度
「おいも株」オーナーの皆様!!
大変お待たせしました。
皆様の「おいも株」の苗を
植えてきましたので
報告しま~す。

今年も非常に多くの.
オーナー様にご登録いただき、
各農園の
ファームマスターは喜んでいます。
本当にありがとうございます。
これから半年に掛けて
このサイト上にて、
オーナー様の苗の
成育状況を報告していきますので、
半年間お付き合い宜しく
お願いします。


過去の成長日記を
ご覧頂く場合は右の
「以前の記事」から
検索できます。
その他、下へスクロール
していきますと
過去の成長記録が
ご覧いただけます。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧