オーナー様のおいも株の成長記録をお届けします。他にも店舗情報をお届けします。
by oimokabu
各農園の様子
各農園の様子:鳴門金時
各農園の様子:紅こがね
各農園の様子:安納芋
各農園の様子:霧島紅甘露
いもたこなんきん.com
白ハト食品工業株式会社
 
カテゴリ:安納芋 日記( 38 )
2008安納芋収穫祭ご報告 ~前半~
おいも株収穫祭も、いよいよ最後の産地、
鹿児島県種子島です。001.gif
実行事務局スタッフは、前日に種子島に入り、
準備をすることになりました。
鹿児島空港経由で種子島空港へ。
途中の鹿児島空港では、次の便まで
時間があったので、空港に設置されている足湯に
浸かって待つことにしました。043.gif
b0076710_1446379.jpg

出発の時間になり、飛行機へ乗り込みます。
いつもの小型プロペラ機ですが、満員。
b0076710_14464834.jpg

いかにもサーフィンを目的にされている方が
多いです。
種子島に近づいて、上空から見る島は、
お芋の畑がた~くさん!!003.gif
b0076710_1447180.jpg

オーナー様の畑は、どこかな?なんて探してみましたが、
分かりませんでした。。。。

種子島空港に到着してタラップを降りると、
「あっつ~・・・・」058.gif
と、声に出してしまうほど、暖かい事にびっくり!
b0076710_14494881.jpg

フリースを着込んで出発しましたが、
直ぐにTシャツ1枚に着替えました。
空港ロビーでは、弊社主催の
第1回ミス安納芋コンテストの告知ポスターが
貼られていました。005.gif
(こちらは後日、ご報告させていただきます。)
b0076710_14504273.jpg

車に乗り換えて農園へ出発!!
農園に到着し、早速、畑をチェック!!
b0076710_14505785.jpg

b0076710_1451968.jpg

オーナー様看板は、頑張って耐えてくれていました。
所々の葉っぱの色が茶色に変化していて、
収穫時期だということをお知らせしてくれています。045.gif
b0076710_14512586.jpg

山田ファームマスターと合流し、打合せ。
「今年は、日照りが少なかったり、天候が
安定しなかったので、水やりの加減など、
苦労したよ~。畑の中で色んな場所の
試し掘りをしてみたけど、ソフトボールぐらいの
大きさが多いよ。だから焼芋なんかに良んじゃないか?」
と、状態の良さに満足そう。006.gif
b0076710_14513757.jpg

その後、オーナー様のお芋とは別の安納芋農園の視察へ。
来年の「らぽっぽ」や「CHAIMON」で使用される
安納芋を栽培している畑です。
ご覧下さい。この畑全部ですよ。
b0076710_14515327.jpg

b0076710_1452067.jpg

b0076710_1452894.jpg

海が直ぐ近くにあって、景色もサイコーです。
明日が楽しみです。010.gif

明けて当日、天気予報では雨でしたが、快晴!058.gif
本日は、関東・関西また群馬県から7名
オーナー様がご来園いただくことになりました。
種子島空港で集合し、農園へ向かいます。

農園に到着して、開会式。
b0076710_14524924.jpg

本日は、マスコミの取材も入っています。
緊張気味の山田ファームマスターより012.gif
「農業体験はもちろんの事、
この種子島の空気を味わってください。」
と、オーナー様へご挨拶。
b0076710_1453233.jpg

それでは、収穫開始。
鎌を持ってツルをカットしていきます。
長~く延びたツルを切り分けていくと、
株が現れます。その株の周りの土を掘っていきます。
b0076710_14532149.jpg

お芋を傷つけないように掘っていくと、
株全体を両手で包み込み、揺らしてあげます。
そしてゆっくりと引き上げてあげます。
b0076710_14533299.jpg

出てきました。安納芋です。
b0076710_14534381.jpg

大きさも手ごろで、
「早くたべた~い。」003.gif
ジャガイモより一回り大きいぐらいの
安納芋が次々と収穫されます。
b0076710_1454118.jpg

b0076710_14542081.jpg

「大きいのも良いけど、小さいのも
ちゃんと収穫してよ。火が通り易くて
おやつにサイコーなんだから~。」
と、山田ファームマスター。
お芋の一つ一つを我が子のように扱います。

収穫したお芋を集めて籠に入れてみました。
b0076710_14551684.jpg

色・形・大きさとも良い仕上がりです。
軒下や風通しの良いところで、1.2ヶ月
置いてごらん、甘~い焼芋が出来るから
。」
と山田ファームマスターからアドバイス。

途中、取材のカメラマンさんから
「山田さん、収穫したお芋を持って
写真を撮らせてください。」
と。リクエストが入り、パチリ!
b0076710_14553455.jpg

b0076710_14554227.jpg

凄く嬉しそうな山田ファームマスターです。043.gif

収穫したお芋を一つ割ってみました。
収穫したばかりのため、まだ白いですが、
中からヤラピンと言われる白い液体が出てきました。
b0076710_1456846.jpg

これがさつまいもの大事な所で、
さつまいもがお通じに良いとされる成分です。
熱に強いので焼芋にしても大丈夫です。027.gif

一通りの農作業を終えるとオーナー様は
汗だくです。042.gif真夏のような暑さでした。
「種子島の気候は山が多いからホント変わり易い。
でも、オーナー様の収穫日は、毎年、晴れているの。
これホント!何か運命的なモノを感じるぐらい。」
この言葉どおり、毎年、天気予報は雨が多いのですが、
収穫時はバッチリ晴れているのです。
全国のオーナー様の気持ちが通じたのかもしれません!!040.gif

この後は、畑近くの焼酎工場見学と
昼食になりましたが、その模様は次回で。
お楽しみに!
[PR]
by oimokabu | 2008-11-15 13:52 | 安納芋 日記
台風13号の影響について
安納芋オーナーの皆様こんにちわ。

先日の台風13号の情報をお知らせします。
先週末に日本に上陸した台風13号ですが、
報道等でお伝えされたとおり、
種子島を直撃しました。002.gif

その模様をニュースの映像でもご覧になった方は、
さぞ、ご心配されたと思います。025.gif

オーナー様がご心配されていると思い、
種子島の山田ファームマスターが、
その後の島の様子を写真に撮って
送ってくれました。025.gif
b0076710_13542411.jpg

ご安心ください。066.gif
夏の暑い時期にしっかりと根を土に張っていたので
オーナー様の安納芋は飛ばされずにドシッと構えていました。003.gif
また、降水量も多かったのですが、
苗を植える前に何度も耕し、土を柔らかくして
水はけを良くしていた事もあって、
畑が水びだしになる被害がありませんでした。
葉っぱも青々とした空に向かって広がっています。058.gif
b0076710_1355288.jpg

しかし、全く被害が無かった訳ではありません。
下の写真をご覧ください。
b0076710_13551496.jpg

倒れている農作物は「さとうきび」です。
この「さとうきび」は、安納芋農園のすぐ隣りの
畑です。
この写真からも衝撃が分かります。005.gif

このような天候を乗り越えてくるお芋と
思うと、より愛情が深まってきますね。001.gif
[PR]
by oimokabu | 2008-09-23 12:03 | 安納芋 日記
2008年「安納芋」の試し掘りをしました。
安納芋オーナーの皆様お待たせしました。
今年度、初めての試し掘りを行ないました!003.gif

山田ファームマスターにお願いして、
試し掘りをしたお芋の写真を送ってもらいました!
最近の種子島の天気ですが、
島の特徴というべき、台風が通ったり、
057.gif雨が降ったりです。
先ほどまでは晴れたいたのに急に大雨なんてことは、
週に3日ほどはあるそうです。007.gif
先日の花火大会の時もこんな感じでした。

今日は、久々に晴れたので畑に入り、試し掘り。
b0076710_17552993.jpg

どうですか?
青々とした葉っぱ。
001.gifこの中でも紫色っぽくなっている葉っぱは
新しく出てきたものです。
b0076710_17554485.jpg

b0076710_1756743.jpg

真ん中辺りを掘ってみると白い皮の
安納芋が出てきました。
この株には8個ほどのお芋が出来ています。
大きさを測ってみると
長さは7センチほどでじゃがいもぐらいの大きさです。005.gif
安納芋はもともと、小ぶりで、その分、甘さが
ぎゅっと詰まっているのが特徴です。
そして、安納芋の苗植えは4品種の中でも
最後に苗植えを行ないましたので、
多品種より、少し成長もゆっくりですが、
ご安心ください。IMAGE|S6#]
収穫時は、もう一回り大きな安納芋が
出来ることでしょう。
b0076710_17561844.jpg



ミス安納芋コンテスト情報

b0076710_17563096.jpg

先日より、募集しております「ミス安納芋コンテスト
ですが、種子島はもちろん、九州地区からも
たくさんのご応募をいただいております。040.gif
9月30日が締切となっております。
種子島にゆかりのある方ならどなたでも
応募可能です。
自薦・他薦問いませんので、たくさんのご応募
お待ちしております。

お問い合わせ先:白ハト食品工業株式会社
フリーダイヤル:0120-468-029
(月~土 10:00~18:00)
[PR]
by oimokabu | 2008-09-15 17:45 | 安納芋 日記
種子島花火大会に参加しました!
おいも株オーナーの皆様こんにちは。
残暑厳しい中、いかがお過ごしですか? 夏を満喫されましたか?
先日、安納芋農園のある種子島では、
花火大会024.gifが開催されました。
b0076710_12214946.jpg

今回は、種子島を盛り上げたいとの思いから、
弊社白ハト食品が協賛させていただきましたので
ご報告させていただきます。006.gif
b0076710_1219465.jpg

これまで安納芋を通じて種子島の方々と、
お付き合いさせていただいていたのですが、
以前より島の方々から
「お芋は地元で食べれるが、本場の美味しいたこ焼
一度、食べてみたいな~!」
003.gifと、リクエストを多数いただいておりました。

そこで、リクエストにお応えする形で
イベントにたこ家道頓堀くくるのたこ焼を出店することになりました。
b0076710_12192356.jpg

b0076710_12193419.jpg

当日は、時折、雨模様になったものの、
地元の方々は、「くくる」のたこ焼を楽しみに
されており、大好評!
「なかなか島から出る機会がないので、
念願のたこ焼がやっと食べれて嬉しい!004.gif
と、お声をいただきました!

花火はもちろん大盛り上がり!
下の写真は、実は、弊社「しろはと」と
文字花火を仕掛けていたのですが、
057.gif雨の影響で霧が舞い、よく見えなかったショットです。007.gif
b0076710_12213030.jpg

また、このイベントにて弊社主催の企画
ミス安納芋コンテスト

の開催も、公示いたしました。
併せて、皆様へご報告させていただきます。040.gif

この企画は、種子島にゆかりのある方(女性)
選出し、今後、おいものような甘~い笑顔で、安納芋のアピール活動に
ご協力いただこうという企画です。

この成長日記をご覧いただいている方でも
自薦・他薦大歓迎です!010.gif
是非、ご応募くださいませ。
詳しくはコチラをクリックくださいませ。
[PR]
by oimokabu | 2008-09-03 11:54 | 安納芋 日記
種子島の7月の様子
日本全国、058.gif暑い日が続いていますが、
種子島はどうでしょう?026.gif
今回は、7月の種子島「安納芋」農園の様子を
お伝えします。
b0076710_16162791.jpg

7月上旬には、
山田ファームマスターは、
「本州では、雨が続いてるみたいだな~。
こっちは、なかなか057.gif雨が降らんで、
ホースで水撒きをして枯れるのを
防いどるよ。」
と、話していたのですが、
心配はご無用で、末になってくると
適度に雨も降り、順調に成長しているそうです!003.gif
b0076710_16163866.jpg

農作業の中心は、雑草抜きと水撒き、そして
崩れている畝(うね)の補正が中心です。
暑さの中、ファームマスターの体も心配ですが・・・。025.gif
「な~に、大丈夫!暑いけど、
夕方まで農作業して、この後の
お酒が美味しいからな!」
と、頼もしい言葉!066.gif
引き続き、「おいも株」のお世話をお願いします。

最近の種子島は、
夏とあって観光客がたくさん島を訪れています。
その中でも多いのがサーファー。
サーファーの中には、島に移り住んでいる方もいるみたい。
生活は???025.gif
農作業のお手伝いをしたりして、
生活されているとのことです。
↓は、サーファーの方々がお手伝いされている稲です。
b0076710_16175349.jpg

種子島のお土産物屋さんには、
サーファーの方達が作ったお米、その名も
「サーファー米」が販売されているんですよ。005.gif

また、「安納芋」農園の近くの山での流行は、
ハンググライダーです。
山の頂上から海を眺めながらの飛行を爽快でしょう。003.gif
b0076710_16193512.jpg

ちなみに赤マル部分がオーナー様農園です。
「僕もコレやりたいんだよな~。空から
畑を見たいよな~。」
と、話す山田ファームマスターですが、
いつも、ばきい(奥様)に
「あんたは、重いから直ぐに墜落する。
骨折でもしたらどうするの?」
と、止められているようです。。。。037.gif
[PR]
by oimokabu | 2008-08-12 14:28 | 安納芋 日記
★安納芋 苗植えから2週間経過・・・
苗植え会から2週間ほど経過した「安納芋」農園の
様子をご報告します。

ここ最近は、梅雨の影響で雨が多いそうです。005.gif
苗植えの時の記事でもお伝えしましたが、
「安納芋」農園では、マルチを付けての栽培方法を
とっていません。027.gif
b0076710_1135221.jpg

ということは、雨が降れば降るほど、畝(うね)が
崩れてきてしまいます。
畝は、雑草予防の他、畝の形状を保つ役割もあります。
「毎年の事だけど、そろそろ、畝の手直しをせんといかんな。」
と、山田ファームマスター。066.gif
b0076710_11353729.jpg

雨の合間をぬって、畝の手直しを行っています。

また、この時期は、どうしても天候が安定しないので、
つい苗が心配025.gifになるのですが、
そんな時、山田ファームマスターを奮い立たせるのが、
オーナー様看板です。006.gif
b0076710_11394159.jpg

オーナー様の看板の裏には、今年度、
安納芋をお申し込みいただきましたオーナー様名が
ずべて明記されています。
「1000人を超えるオーナー様名を見ると、
正直、プレッシャーだよ~。でも全国にこの芋を
待ってくれる人がたくさんいる事を考えると
力になるよ~。」066.gif
と、語る山田ファームマスター。
057.gif雨の日も多いけど、058.gif晴れの日も適度にあるからね、
芋にとっては、最適な気候になってるからよか!」
と、力強く、今年の苗の様子を語ってくれました。
b0076710_11392662.jpg

b0076710_11395237.jpg

また、数年前までは、「安納芋」は、
知る人ぞ知る品種で《幻の芋》なんて呼ぶ方も
いたのですが、最近は、知名度も上がってきて、
種子島の方々は、
「鉄砲や宇宙センターだけではなく、
安納芋という美味しい芋も全国に知ってきて
もらって嬉しいね~。」003.gif
と、皆さんが言っているんですよ。
その一例として、種子島空港のお土産物屋さんでは、
安納芋キューピー↓なる商品が販売されています。026.gif
b0076710_1140957.jpg

オーナー様も種子島に行かれる事が
ございましたら、お土産にいかがですか?006.gif
[PR]
by oimokabu | 2008-07-18 11:26 | 安納芋 日記
★ 「安納芋」苗植え会のその後 ★
安納芋の苗植えの後は、種子島の散策です。
今回は、その時の模様を報告します。
オーナー様には、ご覧頂きまして、種子島の環境も
知っていただけたら嬉しいです。003.gif

農作業を終えた後、
最初に向かったのは、ただ今建設中の弊社「育みの里 種子島支店」倉庫を
ご参加いただきましたオーナー様にご覧頂きました。
b0076710_19121239.jpg

b0076710_19122075.jpg

今年の秋には、収穫された安納芋がこの倉庫に
集められる予定です。042.gif
「種子島でこんなに大きな倉庫を持ってる
所は少ないよ。今から楽しみ収穫が楽しみ。」
と、山田ファームマスター嬉しそう。001.gif

次に向かったのは、焼酎工場です。
種子島では、焼酎の製造が盛んです。005.gif
今回、お伺いしたのは、オーナー様農園の
近くにある高崎酒造さんです。
焼酎工場に到着し、早速中へ入り、見学。
b0076710_19124734.jpg

工場のパンフレットをもらい、さつまいもから、
焼酎が出来上がるまでの工程を詳しく案内していただきました。
b0076710_1913698.jpg

b0076710_19131323.jpg

元々、高崎酒造さんは、違う場所に工場があったのですが、
さらに綺麗で美味しい水を求め、この場所に移転されたそうです。
この事からも、オーナー様農園の安納芋が、
美味しい水で栽培されているのが分かります。
せっかく見学したので、試飲もさせていただきました。
安納芋から出来た「しま茜(しまあかね)」。069.gif
種子島と言えばコガネセンガンから出来る「しま甘露」。
その他にも色々な種類の焼酎を試飲させていただきました。
ちなみに上記の焼酎は、たこ家道頓堀くくる「ハナタコ
京阪京橋駅店
にてメニューとして
ご提供させていただいておりますので、
お近くにお立ち寄りの際は、是非、お越しくださいませ。

この後は、山田ファームマスターのおススメスポット、
海岸沿いで昼食を取ることにしました。
b0076710_19143031.jpg

「ホントに嬉しいんだって!東京や関西から
来てくれるんだからご馳走を用意したよ。」
018.gifと、豪華です。
メニューは、山田ファームマスターのばきい(奥様の事)手作りの
種子島の名産物がたくさん。
ニガダケ(たけのこ)・亀の子と呼ばれる貝・焼き魚(鯛)そして
伊勢海老まで!024.gif
b0076710_1914498.jpg

b0076710_1915426.jpg

b0076710_19151256.jpg

「うわ~豪華ですね~。」
と、オーナー様も大喜びです。
「この場所はね~、島の連中が農作業の合間に休憩取るところ。
夕方になると、農作業を終えた百姓が集ってきて
お酒を飲みながら意見交換したりするんですよ。」
b0076710_19152786.jpg

今日は、山田ファームマスターのご家族も総出で
オーナー様をお出迎えです。043.gif
「行く前は、遠い種子島にわざわざ苗植えに行くなんてって
友人にビックリされたけど、
実際に生産者さんとお芋に対しての思いや
こだわりの土地を見ることが出来て嬉しかったです。」
と、オーナー様からご感想をいただき、
山田ファームマスターは感激の様子。

この後は、オーナー様のご希望で
宇宙センターの見学へ行くことに。
農園から宇宙センターまでは、車で1時間ほど。
種子島の地形は長細くなっていて、
オーナー様農園は島の北にあります。
b0076710_19155254.jpg

宇宙センターは島の真下(南)にあるので、
南下して行きました。
b0076710_19155998.jpg

到着し、宇宙センター内を見学。
b0076710_19161881.jpg

b0076710_19162510.jpg

科学資料館ではロケットや基地の事が詳しく分かり、
基地周辺は広々としてのんびり出来、眺めも最高です。
b0076710_19163676.jpg

土曜日ということもあって、多くの観光客も見学に
来られていました。009.gif

見学した後は、せっかく種子島の一番南まで来たので
オーナー様を、鉄砲が伝来された門倉岬(かどくらみさき)にご案内しました。
b0076710_19165292.jpg

027.gif1543年(天文12年)8月25日、
種子島にやってきた一隻の中国船に、
ポルトガル人が便乗していて、
そのポルトガル人から種子島領主 種子島時堯(ときたか)に鉄砲が伝えられました。027.gif
門倉岬からの景色も最高です。
b0076710_191709.jpg

b0076710_1917766.jpg

b0076710_1917148.jpg

皆様も種子島にお越しの際は、是非立ち寄ってみられてはいかがですか?
そして、オーナー様をホテルまでお送りして、
行程を終了しました。
こんな環境で栽培される安納芋がどんな味に育つか?
今から楽しみですね。
今後、成長状況をお伝えしていきます。

ちなみに、今回の苗植えに関しては、
鳴門農園の池添ファームマスターが助っ人で
協力し植えてくれました。066.gif
その時の池添ファームマスターと山田ファームマスターの
貴重な?写真が到着しましたので、
皆様にご覧いただきたいと思います。040.gif
b0076710_19173297.jpg

b0076710_1917394.jpg

[PR]
by oimokabu | 2008-07-07 17:01 | 安納芋 日記
■「安納芋」苗植え会ご報告■
「安納芋」の苗植え会は、6月14日に開催されました。
今回は、「安納芋」の苗植え会に初めて
005.gifオーナー様がご来園頂くことになりました!
これには、山田ファームマスターが大喜び。038.gif
「都会で生活している方に、この島の
空気を吸ってもらって、美味しい海の幸を
食べてもらおう!」
049.gifと、大張り切りです。
b0076710_17445449.jpg

また、毎年、大人気の「安納芋」、
今年のお申し込み口数は、なんと1663口!!
ありがとうございます。
その事を伝えると、
「嬉しい悲鳴だよ。(笑)008.gifホント、プレッシャー感じながら
栽培してるんだから。ここ数日は、057.gif雨の日でも
畑に入れないのに、毎日来てしまうぐらいだよ。」
と、嬉しそう。
b0076710_17451019.jpg

今回は、その「安納芋」の苗植えの報告をさせていただきます。

実行事務局スタッフは、前日に種子島入りすることになりました。
種子島へは、まずは、大阪伊丹空港から鹿児島空港に入り、
b0076710_17453896.jpg

b0076710_17454946.jpg

鹿児島空港からは、小型の飛行機に乗り換えて行きました。
b0076710_1745598.jpg

種子島空港に到着すると、山田ファームマスターが、
迎えに来ていました。
この時期は、オーナー様の畑は、もちろんの事、
島の色んな場所で「安納芋」の苗植えが行われていて、
大忙しとの事です。
空港から30分ほど、車を走らせると、オーナー様農園に到着。
途中、信号があるのは、2.3箇所だけでした。009.gif
とってものどかで良いところなのです。
b0076710_17462419.jpg

農園の周りには、安納小学校安納郵便局があります。
b0076710_17465213.jpg

b0076710_1747820.jpg

b0076710_17471679.jpg

気づかれましたか?039.gif
「安納芋」の「安納」は、地名なんですよ。
そして、オーナー様農園で栽培される「安納芋」は、
海と山に挟まれた、
自然の恵み豊かな種子島の安納地区で栽培される
正真正銘の「安納芋」です。
b0076710_174828.jpg

畑の土をご覧ください。
b0076710_17524910.jpg

この「安納芋」の美味しさの秘密は、この赤土
水はけが良いのが特徴。
また、他の「おいも株農園」の品種と違って、
ここでは、マルチという畝(うねを覆うビニールを
付けていません。
b0076710_17531078.jpg

これは、種子島という島の気温が、他の地域に比べて
高いことに訳があります。
058.gifマルチを付けて栽培すると、お芋が大きくなり過ぎてしまいます。
オーナー様のご自宅にお届けするお芋が、
焼き芋など調理しやすい大きさに揃えるため、
あえて、マルチを付けないで栽培しているのです。
逆に焼酎用のお芋を栽培する時は、マルチを付けてたり
するそうです。

さて、当日の様子。
ご参加のオーナー様とは、種子島空港で待ち合わせ。
b0076710_17532831.jpg

天気予報によると、昼から雨が降るそう。057.gif
何とか、午前中に苗植えをしてしまうぞ!

オーナー様と一緒に農園に到着してから、
山田ファームマスターより苗植え方法についてご案内。
b0076710_17534854.jpg

「しっかり植えないと、風で根こそぎ飛ばされてしまうから
注意してよ。昨日まで雨が降ってたから、土の中は
湿っていて苗植えには最高の日だからね、058.gif
ご自分の苗以外に今日は300株持ってきたから、
やってみてくださいよ。」
b0076710_17541978.jpg

「うわ~出来るかな?」
「でも、今日は、6人も来てるんだから、1人50株でしょ、
簡単ですよ。(笑)」
と、会話も弾みます。
b0076710_1754720.jpg

では、苗植えスタート。
皆様、初めてのご経験でしたが、山田ファームマスター自ら、
オーナー様へ苗植えレクチャーするので、
綺麗に苗植えされていました。
049.gifちなみに、下記の写真は、
先日、「鳴門金時」の池添ファームマスター
種子島を訪れて苗植えのお手伝いをした「おいも株」の苗です。
b0076710_1755449.jpg

「おいも株企画」が始まって初のファームマスターの共演。
ご覧のように綺麗に苗植え出来ています。038.gif
b0076710_17551990.jpg

「池添さんは、さすがに苗植えが早いし上手いな~。
お互いの情報交換も出来て嬉しかったよ~。
夜は一緒に焼酎も飲めたしな~。」
と、山田ファームマスター。
b0076710_17553685.jpg

そんな会話をしている間に、
オーナー様は、次々と植えています。
お顔を拝見すると汗が噴き出しています。008.gif
あっという間に300株の苗を植えてしまいました。004.gif
オーナー様と看板前で記念撮影。
b0076710_17555116.jpg

畑でも記念撮影。
b0076710_1756190.jpg

これでまだ半分の苗植えです。
「後の半分は、お天道様と相談しながら、
畝立てと苗植えしていきますよ。
この苗植え時期はホント難しいんだよ~。
安納芋の苗はデリケートで時期を間違えると、
枯れてしまうからな~。」
今後も皆様にご報告していきますので
楽しみにお待ちください。

次回は、オーナー様と種子島の周遊観光に行きましたので
その模様をリポートします。
[PR]
by oimokabu | 2008-06-19 15:40 | 安納芋 日記
2007年 安納芋収穫祭 その後・・・・
安納芋の収穫を終えた後は、サプライズイベントへ。
種子島と言えば、焼酎!
今回は、焼酎工場の見学に行くことになりました。
b0076710_15284055.jpg

b0076710_1529054.jpg

焼酎の命はなんといっても水です。
綺麗な水でないと、美味しい焼酎は出来ません。
この焼酎工場は、オーナー様の安納芋農園の
直ぐ近くに位置しています。
「以前は違う場所に工場があったのですが、
やはりこの付近の水が綺麗ということで、
移動してきたんですよ。」
と、工場長からお話いただきました。
このお話からも、オーナー様の安納芋農園が、
いかに、美味しい水で栽培されているかが
分かりますね。

一行は、中の工場へ。
入り口付近では、工場へ到着したばかりの
お芋が選別されているところでした。
b0076710_15294563.jpg

b0076710_15295758.jpg

この選別作業を終えると、蒸しに入り、
お芋を粉砕します。
b0076710_15302191.jpg

工場内は、発酵のニオイが充満していました。
一連の作業を終えると、
巨大なタンクに入れ、蒸留します。
綺麗な色ですが、この時点では、
まだ完成していません。
b0076710_15303653.jpg

この後、貯蔵・熟成、ブレンドを行い、
ようやく商品として完成するのです。
見学コースを終えると、
待ってました!試飲です。
b0076710_15305189.jpg

出来たばかりの焼酎が運ばれ、
オーナー様と頂きました。
ふくよかな味わいとまろやかな香りで
存分に楽しませていただきました。

時計を見ると、13時を過ぎており、
お腹もぺこぺこです。
山田ファームマスター案内のもと、
安納芋農園では、おなじみ?
山田ファームマスターのお勧めスポットへ移動。
b0076710_1531242.jpg

到着すると、
山田ファームマスターのばきい(奥様のこと)が、
たくさんの料理を用意してくださっていました。
獲れたての魚(刺身)や、笹に包んだおむすびなど、
現地ならではの食材がたくさん。
b0076710_15321247.jpg

山田ファームマスターは、到着するなり、
焼酎をグイっと飲み干し、
「いや~、オーナー様と一緒に農作業して、
食事出来ることは、何よりも嬉しいね~。」
と、ご満悦。
苗植え会の時と同様に、どこから聞きつけたのか
現地の農家さんが続々と集まって来られ、
「関西から来てくれたって聞いたけど、
どの方ですか?一言ご挨拶しようと思って。」
と、歓迎ムードです。

この日(11月10日)は、暖かい日だったとはいえ、
気が付くと、島の子供は海に潜って遊んでいます。
(本州では、この時期考えられません!)
b0076710_15332114.jpg

でも、本州とは違うこの気候が、
安納芋の味の決め手なのかも知れません。
最後に山田ファームマスターからメッセージをいただきました。
「半年間、応援ありがとうございました。
毎年、多くの方にオーナー登録してもらい、
嬉しく思います。
お届けさせていただいたお芋は、
大きいのからかわいい小さなお芋まで、
様々な形があると思います。
大きさに合わせて、調理方法なども
変えてみてください。
味は自信を持っておりますので!」
オーナー様と山田ファームマスター(右端)の記念撮影。
b0076710_1533470.jpg

また、実行事務局からも全てのオーナー様に、
感謝申し上げます。
ありがとうございました。

来年ももっともっと良い企画にして行きたいと
思っています。引き続きのご登録お待ちしております。
[PR]
by oimokabu | 2007-12-14 15:11 | 安納芋 日記
2007年度「安納芋」収穫祭リポート!!
「おいも株」収穫祭スケジュールついに最終の農園まで
きました。「安納芋」の収穫です。
私、実行事務局久保は、収穫祭の前日から、
現地入りすることにしました。

大阪伊丹空港から鹿児島空港を経由して種子島入りする予定。
鹿児島空港からは、プロペラ機に乗り換えました。
b0076710_14192246.jpg

今日は晴天。種子島が近づくと、空から島全体が
綺麗に見えます。
b0076710_1419392.jpg

種子島空港に到着し、早速、島の散策。
ざわわ~ざわわ~風が通り抜けるだけ~♪と、
さとうきび畑を通って、30分ほど車を走らせると、
b0076710_1420464.jpg

海沿いに、大きな石碑を発見!
b0076710_14202095.jpg

この石碑は「日本甘藷栽培初地之碑」。
(にほんかんしょさいばいはつちのひ)
ご存知の方も多いとは思いますが、ここ種子島は、
日本で始めて甘藷(おいも)が栽培された土地です。
今から309年前、元禄11年、第19代種子島島主、
種子島久基は、琉球王国から甘藷一籠を譲り受け、
家臣に栽培方法を研修させ、試作を命じました。
苦心の末、成功させ、栽培を可能としました。
これが、日本の初の甘藷栽培、いわば「安納芋」の
夜明けなのです。
b0076710_14204485.jpg

つづいて、訪れたのは、「小浜の塩屋」。
ここは、手作り塩を作っているところ、
竹でやぐらを組み 海から汲み上げた海水を滴らせ、
太陽と風の力で濃い海水を作り出します、
これを結晶小屋へ移し太陽の力で結晶させた、
自然の手造り塩です、加熱など一切していないそうです。
b0076710_1421624.jpg

b0076710_14211844.jpg

生産が少量なので、島の消費だけで全て終了してしまう
らしいです。私は、以前、島の民宿でいただいた事が
あるのですが、市販の塩より濃厚な味で、同じ食べ物でも
「こんなに味を引き出す調味料だとは!!」
と、ビックリした記憶があります。
機会がありましたら、種子島でご試食くださいね。
b0076710_14251734.jpg

さて、当日の模様です。
なんと、この収穫祭に、京都からお二人のオーナー様が
ご参加されることになりました。
それを聞いて、山田ファームマスター大喜び!
「全国の安納オーナー様のように、申し込んでくれるだけでも
ありがたいのに、島まで来てくれるとはね~。」
朝、私は、オーナー様の待ち合わせをして、
ご一緒に農園へ出発です。
車中、オーナー様と会話で分かったのですが、
おばあちゃんとお孫さんでご参加でした。
「おばあちゃん孝行したいな~と思って参加したんです。」
と、お聞きし、私も本日は、少しでもお役に立ちたいと
思ったのでした。
農園に到着し、久しぶりに「おいも株」を見ると、
葉っぱが茶色っぽくなっており、収穫を待っているようでした。
b0076710_14215094.jpg

しかし、この日は暑い!私は直ぐにTシャツ1枚に。
ふと、耳をすませると、本州では考えられない事に
セミの鳴き声が聞こえてきます。
「ようこそ!島へ。」
と、山田ファームマスター、嬉しそう。
b0076710_14221617.jpg

早速、収穫開始。
軍手を装着し、土を掘っていくと、見えてきました。
「安納芋」の白い皮が、、、、
b0076710_14223564.jpg

b0076710_14283732.jpg

普通、1株に3~5個ぐらいおいもがついているのですが、
「安納芋はね~一つの株に、小ぶりなおいもが、
何個も付いている場合があるから、気をつけて
掘らないといけない。」と、説明してもらいました。
そして出てきたおいもは、かわいい大きさがたくさん
ついて、1株で1キロ以上の収穫!!
b0076710_14225594.jpg

気温が高いのもあり、1株を収穫した時には、
すでに汗だくです。
「今日から2日ほどかけて、安納オーナー様の
おいも全てを収穫するから、全国のオーナー様、
楽しみにしてください。」
と、山田ファームマスター。
収穫を続けていると、
「ちょっとコレ見てよ!!」
と、大きな声、取り出されたおいもを見てみると、
ビックリ仰天!20個ほどのおいもが付いていました。
b0076710_14232193.jpg

「いや~何年も甘藷栽培してるけど、こんなに
ついている株を見たのは初めてだよ~。
ビックリしたな~。ちょっとちょっと記念に
撮ってよ。」と、大興奮です!!
見てください↓満面の笑顔です。
b0076710_14233539.jpg

ご参加のオーナー様も大喜びです。
ちなみにおばあちゃまは、79歳と伺いましたが、
全く信じられません。「おいも株」イベント史上、
最高年齢でのご参加になるのですが、とにかくお元気です!
b0076710_14235336.jpg

「この株はご近所さんへあげて、こっちは自分用かな?」
と、ご自宅に帰ってからの予定をたてていらっしゃいました。
収穫をしていると、どこで聞かれたのか?
現地農家さんや地元サーファーまでやってきて、
収穫のお手伝いです。
b0076710_14245076.jpg

「いや~都会の人がやって来たと聞いて嬉しくてね~。」
と、歓迎してくれました。
お昼になって、お腹がすいてきました。
今日は山田ファームマスターのばきぃ(奥様)の
手料理をご用意してくれているそう。
楽しみだな~。今回はここまで、次回、昼食の模様、
また、サプライズとして昼食前に焼酎工場見学を
させていただいておりますので、リポートさせていただきます。
b0076710_14255641.jpg

また、オーナー様のお芋のお届けは、
一度、専用倉庫にて
熟成させ、甘みが出てきた頃に出荷させていただきます。
予定では、12月上旬に出荷させていただきますので、
もうしばらくお待ちくださいませ。
[PR]
by oimokabu | 2007-11-13 13:40 | 安納芋 日記
ブログ管理:久保
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
おいも株成長日記について
2011年度
「おいも株」オーナーの皆様!!
大変お待たせしました。
皆様の「おいも株」の苗を
植えてきましたので
報告しま~す。

今年も非常に多くの.
オーナー様にご登録いただき、
各農園の
ファームマスターは喜んでいます。
本当にありがとうございます。
これから半年に掛けて
このサイト上にて、
オーナー様の苗の
成育状況を報告していきますので、
半年間お付き合い宜しく
お願いします。


過去の成長日記を
ご覧頂く場合は右の
「以前の記事」から
検索できます。
その他、下へスクロール
していきますと
過去の成長記録が
ご覧いただけます。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧