オーナー様のおいも株の成長記録をお届けします。他にも店舗情報をお届けします。
by oimokabu
各農園の様子
各農園の様子:鳴門金時
各農園の様子:紅こがね
各農園の様子:安納芋
各農園の様子:霧島紅甘露
いもたこなんきん.com
白ハト食品工業株式会社
 
カテゴリ:紅こがね 日記( 37 )
試しに掘ってみた。 2006年8月3日更新
8月3日更新

7月は雨が降ったり、止んだり。
関東地方は6月9日に梅雨入りしてから
7月30日にやっと梅雨明けしました。
そろそろ「おいも株」は
「水分補給はもういいよー。」
なんて言っていることでしょう。

ここ最近の農園の様子ですが、
長雨に負けず「おいも株」は順調に成長しています。
下の写真をご覧ください。
b0076710_175611.jpg

一面、葉っぱとツルで緑色です。
オーナー様の畝(うね)に目印をつけるため、
看板を設置したのですが、
ツルで埋もれてしまっています。(見えますか?)
b0076710_1804162.jpg

今回は、土の中でどれぐらい育っているのか?
調べてみるため試し堀りをしてみました。
ご覧ください。どうですか?
b0076710_1814113.jpg

まだまだ小さいですね。これで1本約35gです。
長さは約20センチです。
大人の手の平サイズぐらいかな?
定規を参考にして見てください。
でも秋の収穫時には何倍も大きくなります。
b0076710_1834560.jpg

つづいてツルを広げてみました。
皆さんはどれぐらいの長さと思っていましたか?
私は50センチぐらいと思っていたので
ビックリです。
b0076710_1852014.jpg

畑全体で見るとツルとツルが絡まっていたので
分からなかったですが、
一つ一つの「おいも株」のツルはこんなに大きく
伸びていたんですね。
150センチ程に伸びています。
これだけツルを伸ばして葉っぱを大きくしたら
これからの真夏に太陽の光をたくさん取ることができそう。
たくさん光を浴びて大きくなーれ。

ちなみに現地では7月22日、23日に夏祭りが行われ、
農園スタッフは遊びに行ったそうです。
コチラはその時の写真です。
b0076710_1865358.jpg

「荒宿祇園(あらじゅくぎおん)」と呼ばれるお祭りで22日には
「御浜下り(おはまくだり)」といって農園の近く霞ヶ浦に三隻の船が
出て7回半廻って帰ってくるという行事が行われました。
b0076710_1874323.jpg

農園スタッフは束の間の休息を楽しみました。
[PR]
by oimokabu | 2006-08-02 17:53 | 紅こがね 日記
茨城県 気象情報について 2006年7月24日更新
7月24日更新

茨城県の気象情報についてお知らせします。

長雨で畑の状態が心配です。
すぐにファームマスターに連絡を取り、
状況を聞いて参りましたので報告します。

6月は晴れの日が多く、適度に雨が降り、
おいもにとって太陽の光を浴びて
絶好の気象状況だったのですが、
最近は雨ばかり。

「今日も朝から雨だよー。
天気予報でも降水確率70%だし。」
「畑に入りました?」
「いやーこの雨では入れないよ。
ドボドボになるだけだしね。」
早く晴れてくれないかなー?

「6月は晴れている日が多かったので、
しっかりと根がはってくれているから大丈夫ですよ。」
ホッ。(ちょっと安心。)

おいもにとってこの時期は水分が必要なのですが、
このような長雨だと多すぎます。
おいもは日照りに強く、太陽の光を浴びて、
土の中の温度を高くして成長する作物です。
ですので雨ばかり降ると土の温度が上がらず、
大きくなってくれません。
7月前半までは雨(水分)を吸収してツルや葉っぱを
いっぱい伸ばして、その大きくなった葉っぱから
光合成をしてこれから芋になる根を大きくしていきます。

天気予報によると今週は雨が多いので心配です。
でも
「8月に入ると凄くあつーくなるから心配するなって。」
と棚谷ファームマスター。
そうですね。例年に比べて少し梅雨明けが
遅いですがこれからあつーい夏がやってきます。
今のところ被害は、まったく出ていないので、
安心してください。

早く梅雨明けしてほしいなー。
先日、実行事務局では各農園にテルテル坊主を
送ってお祈りしました。
早く効果が出ますように。
[PR]
by oimokabu | 2006-07-24 15:36 | 紅こがね 日記
紅こがねの状況 2006年7月13日更新
7月13日更新

6月3日に「紅こがね」を植えてから約1ヶ月が
経過しました。

その後の「おいも株」は順調に成長しているようです。
葉っぱは大人の手の平サイズぐらいに大きくなり、
茎もしっかりと真っ直ぐに伸びてきています。
下の写真を見比べてください。
上が植えてから約2週間後。
下が最近の様子。植えてから約1ヶ月後です。
b0076710_1419236.jpg

b0076710_14193729.jpg

成長の早さにビックリですね。

でも前回にもお伝えしましたが、
オーナー様とは別の畑では
枯れてしまった苗もあるようです。
植えたばかりの苗は、まだしっかりと根がはっていません。
そんな時に大雨が降ってしまうと苗が雨に流されたり
します。雨に流されると根が土にうまくつかなくなります。
それで枯れてしまうことがあります。
もちろん水がないと苗は育たないのですが、
多すぎてもダメなんですね。

でも同じ農園なのになぜオーナー様の畑は
こんなに元気に育っているのかな?
「それはねー、オーナー様の気持ちが入っているからですよ。
おいもたちは分かるんですよ。
もちろん、他の畑の手を抜いているわけではないけどね。」
皆さんの気持ちが「おいも株」に伝わっているのですね。

「あっ!それとですねー。オーナー様の苗を植えている畑は、
傾斜がきついんですよ。だから雨が降っても
他の畑に比べて早く水が引くんですよ。」

写真では分かりづらいのですが
赤矢印の方向に下っていく傾斜になっています。
b0076710_14265417.jpg

畑の下まで行くと帰って来るのは大変です。
苗植えの時は、登るのが辛いなーなんて思っていたのですが、
「おいも株」にとっては絶好の環境だったのですね。

気候に関しては、今のところ、安定していて
連日、気温は30度を越しています。
人間にとっては暑くて辛いのですが、「おいも株」にとっては
葉っぱを大きく伸ばし、根(この部分がおいもになります。)を
太らすのに調度良い気温です。
こんなに葉っぱが大きくなっています。(下写真)
こうして葉っぱを大きくして光合成をしています。
b0076710_1430230.jpg

「この調子で育てていきますよ!」
棚谷ファームマスター!暑い日が続きますが、
宜しくお願いします。

ちなみに今月の「らぽっぽ」の
月替わりおいもSweets
おいもマンゴークリームとピーチのタルト》は
この農園で育った「紅こがね」を使用しています。
b0076710_14373889.jpg

果肉ごとすりつぶしたマンゴーがたっぷり入った
おいもクリームの上に、黄桃と紅こがねがたっぷりのった、
夏にこそ食べたいタルトです。
秋の収穫前に一足先に「紅こがね」を味わってみませんか?
お近くの「らぽっぽ」で是非、お買い求めください。
7月31日までの限定商品です。
[PR]
by oimokabu | 2006-07-13 14:09 | 紅こがね 日記
「紅こがね」気象情報について 2006年7月7日更新
各農園地域の天気が不安定なので
心配になり、棚谷ファームマスターに連絡を
しました。
「各産地が雨の日が多くて心配になって・・・」
「そうなの?こっちはね。天候がいいよ~。」
あれ?
「いやー天候はいいねー。
適度な日照りで。適度に雨が降って、
今年は期待できますよー。」
なんとも力強い言葉!
「でも、オーナー様以外の畝の中には
活着(かっちゃく)がうまくいかず枯れて
しまった苗もあるんですよ。」
ホッ。オーナー様の苗でなくてよかったー。
やっぱり気持ちがこもっているからでしょうか?
すくすくと成長しているようです。
安心しました。
「でも他の農園は雨が多いから大変そうだなー」
と、やっぱり他のファームマスターのことも
心配されていました。

棚谷ファームマスター!
これからも見守ってくださいね。

写真は近々公開予定です。お楽しみに。

b0076710_19221951.jpg

[PR]
by oimokabu | 2006-07-07 18:24 | 紅こがね 日記
紅こがね苗植え会パート2 2006年6月28日更新
6月28日更新

前回は「紅こがね苗植え会」の畑での苗植え状況までを
お伝えしました。
イベントはまだまだあり、今回はその様子を
報告します。
次は「イチゴ狩り」です。
イチゴ農園は車で約10分ほど移動したところにあり、
オーナー様とスタッフで車での移動となりました。
車中でも今年の「紅こがね」トークをしたりで
盛り上がりました。

イチゴ農園に到着し、オーナー様は待ちきれない様子。
すでに辺り一体、イチゴのいい香りがしています。
これはたまりません!(早く食べたいよ~)
b0076710_831444.jpg

現地農家さんから収穫する際の諸注意を聞き、
早速、ハウスの中へ。
b0076710_8341212.jpg

「うわーいい香り!」
オーナー様から歓喜の声。
「これとってもいいの?」
「とり放題だよ!」
「やったー!」
お子様も大喜び。
b0076710_835265.jpg

しかも今回はオーナー様のために、
特別に普段より大きい箱(スチロール製、保冷剤付)を
農家さんより用意していただき楽しんでいただきました。
b0076710_8412410.jpg

現地農家さん、ありがとう。

私もハウスの中に入りました。
オーナー様を見てみると皆さん夢中です。
その場でパクリと食べられる方や
お店で見かける売り物のイチゴのように
キレイに形を整えて箱に詰めている方がいたりと、
楽しみ方は様々。
b0076710_844999.jpg

あまりにもいい香りにつられ、
らぽっぽ東京駅八重洲中央口店立谷店長も
イチゴを収穫していました。(コラー!オーナー様優先ですぞ!)
b0076710_1941686.jpg

と言いつつ私も誘惑に負けてしまいました(笑)。
食べてみたのですが、ホッペがとろけ落ちるのかと思うほど、
美味しいイチゴでした。

お昼に近づき、昼食の時間ですので、残念ですが、
「残り時間5分で~す。お急ぎくださ~い。」
の私のコールに
「えええーーー!」
大ブーイング(笑)。
ごめんなさい。お気持ちは分かります。
b0076710_8461070.jpg

イチゴ狩りを終了し、昼食会場の農園へ戻ります。

農園へ到着すると、何と棚谷ファームマスターから、
サプライズプレゼント!
大きいボールに氷水を入れた
キンキンな真っ赤なトマトが用意されていました。
b0076710_849950.jpg

オーナー様はのどがカラカラに渇いていたこともあって
「やったー!」
と大喜び!
b0076710_850985.jpg

このトマトよく見てみると、全て水に沈んでいます。
「普通のトマトは水に入れると浮きます。
しかし、このトマトは実がたくさん詰まっているので
沈みます!」
マジシャンのような説明の仕方で
棚谷ファームマスターが説明してくれました。
現地農家さんが、来園されるオーナー様に
是非楽しんで帰っていただきたいと思って
農家さん自信作のトマトを用意してくれたのです。
ありがとうございます。
b0076710_8482769.jpg

トマトでのどを潤し、お次はバーベキューです。
バーベキュースタッフからも
「オーナー様を待ってるよー。」
との連絡が入り、バーベキュー会場へ移動。
b0076710_1235047.jpg

ジュージューとお肉と野菜の焼けるいいニオイ!
今日のメニューは
現地の旬な野菜(たまねぎ・ピーマン・そら豆)、
もちろん焼き芋、お肉も準備。
b0076710_1254076.jpg

そして「らぽっぽ」「CHAIMON」「くろ門」「芋屋」の
姉妹ブランド「たこ家道頓堀くくる」のたこ焼を用意させていただきました。
写真は「くくる」スタッフで
お墨付き師(明石・たこ検定取得者)の菊池さんです。
b0076710_1264115.jpg

現地の野菜(特にそら豆)は大好評!
お子さんにはたこ焼が大人気。
「いただきまーす!」
「(モグモグ)おいしー!」
オーナー様のお口に合ったようでスタッフは嬉しい限り。
b0076710_12105230.jpg

「くくる」スタッフはたこ焼を焼くのに必死です。
「たこ焼、たこ焼、たこ焼。」
とお子さんからのコールにタジタジです。
b0076710_12125296.jpg

たくさん食べた後はクイズ大会(○×クイズ)。
おいもに関する○×クイズで大盛り上がり!
優勝したオーナー様には素敵な景品がプレゼントされました。
b0076710_12142379.jpg

食後はデザートも用意!
先ほど収穫したばかりのイチゴで作った手作りイチゴジャムを
「らぽっぽ」店長がアイスに焼き芋とイチゴジャムをトッピングして
手作り焼き芋パフェをご用意しました。
b0076710_19504945.jpg

冷たくて甘くてサイコーです。
(写真は店長と一緒にパフェを作るお子さん達です。)
b0076710_12225582.jpg

午後3時ぐらいになり、残念ですが、お別れの時間。
閉会式をして解散となりました。

マイカーで来園されたオーナー様をスタッフみんなで
お見送り。
「また遊びに来てくださいねー」
その後、私は高速バスで来園されたオーナー様を
お見送りにバス停「水郷潮来」へ。
車中でもオーナーの皆さんが
「楽しかったー。」
と言ってくださり、嬉しかったです。
中には、
「せっかくここまで来たから温泉でも入って
帰ろうかな?」
なんて言ってくださるオーナー様もいました。
この土地を気に入っていただけたことは、
棚谷ファームマスターはじめ現地農家さんも
「嬉しいねー。」
と言ってました。

この「おいも株成長日記」をご覧のオーナー様も
是非、収穫祭には遊びに来てくださいね。
[PR]
by oimokabu | 2006-06-28 08:28 | 紅こがね 日記
紅こがね苗植え会に行ってきました。 2006年6月8日更新
お待たせしました。
紅こがねの苗植え会に行ってきました。

紅こがねの産地茨城県行方(なめがた)市へは
苗植え会前日6月2日に
羽田空港から高速バスに乗って約2時間程揺られて到着しました。
(東京駅からも頻繁に運行されていますよ。)
最寄バス停の「水郷潮来(すいごういたこ)」まで
現地農園スタッフに迎えに来てもらいました。
b0076710_16155626.jpg

県道を20分ほど走り農園へ到着。
早速オーナー様の苗を植える畑をチェック!
ファームマスターが綺麗に畝(うね)を作って、
マルチをつけてくれていました。
その後、明日の打合せをして、
現地スタッフに案内され周辺の施設を見てきました。
(おいもの貯蔵庫やいちご畑など、後日報告させていただきます。)

夕方まで周辺を見て周り、ホテルへ。
明日は晴れてくれるかな?明日が楽しみだー。

6月3日苗植え会当日。
朝6時に目が覚め、すぐに窓の外を確認。
太陽の光がキラキラと天気は良好!(よかったー)
本日お手伝いとしての参加の東京チームからも
「無事出発」とメールが入り安心。
本日はらぽっぽ「東京駅八重洲中央口店」「JR錦糸町駅店」
「JR橋本駅店」「西武池袋駅店」「西武新宿駅店」の
店長さんと芋ソムリエ、企画部の計12名のスタッフで
オーナー様をお迎えします。
写真は東京駅八重洲中央口店の立谷店長(左)と
西武新宿駅店の堀江店長(右)です。
b0076710_16434139.jpg

私はホテルを出て一度農園に荷物を下ろして、
高速バスで来園されるオーナー様を
迎えに9時10分にバス停「水郷潮来」へ。
集合時間は9時半だったのですが
着くと早くもオーナー様が到着していました。
「あー、お久しぶりです。」
「ようこそ茨城県へ。」
昨年も参加していただいたオーナー様もおられ、嬉しい!

オーナー様を乗せ、いざ農園へ。
道中の車内では
「いつもは国分寺店を利用してます!」
「渋谷のCHAIMONの焼き芋は美味しすぎる。(笑)」
などオーナー様がいつもどんな店舗を利用されているのか?
を聞いたりで盛り上がりました。
「今日は泊まって帰ろうかなー?」
と早くもこの土地が気に入った様子で嬉しい!
b0076710_16455932.jpg

農園へ着くと、すでにマイカーで来園されたオーナー様が
到着していてご挨拶。
「お久しぶりです!」
「またこの土地に来てしまいました。(笑)」
と、ここでも昨年も参加された方が。嬉しいですね。
駐車場の方は敷地が広いので
オーナー様にも安心して駐車していただきました。

そして開会式へ。
当日の気温は少しひんやりとしていて、風が強めでしたので
オーナー様の体調を考え、農園横の事務所内で行うことに。
来園されたオーナー様にあらためてご挨拶をし、
実行事務局のスタッフ紹介。(スタッフは少し緊張気味)
左から
東京駅八重洲中央口店 立谷店長
JR錦糸町駅店 大出店長
西武池袋駅店 土井店長
西武新宿駅店 堀江店長
JR橋本駅店 加藤店長  です。
b0076710_16485735.jpg

つづいて棚谷ファームマスターはじめ現地農園スタッフ2名から
苗植えのレクチャーをしてもらいました。
b0076710_16553346.jpg

これが紅こがねの苗です。
その苗とホワイトボードを使って、苗の持ち方から
どの方向に植えたら育ちやすいか?
と丁寧に説明していただきました。
苗は一番上の新芽から7ふし目ぐらいを目安に
パチンとカットします。
その苗を3ふし目まで土の中に入れてあげます。
紅こがねの苗は土に対して真っ直ぐに突き刺すように
植えるのが基本(農業用語で直立ざしと言います。)ですが、
この土地では風が吹く方向に流れに沿うように
少し斜めにしてあげるのがポイント!
b0076710_16504417.jpg
b0076710_16514753.jpg

オーナー様はメモを取ったりで真剣です。

開会式を終え10時半に畑へ移動。
オーナー様は待ちきれない様子。(わくわく!)
「がんばるぞーエイエイオー!」
b0076710_1843661.jpg

今回のご参加は子供さん含め36名!
ホントにたくさんのオーナー様に来園していただきました。
b0076710_1785199.jpg

子供さんは願いを込めて植えたり、大きくなりそうな苗を
何度も何度も選んだり様々。
「大きくなってね。」
と願いを込めている様子にスタッフも笑顔。
b0076710_182222.jpg

b0076710_16575676.jpg

今レクチャーしてもらった植え方で一つ一つ丁寧に
植えてきます。
せっかく畑に入ってもらったのでオーナー様には土の温度を
体感してもらおうと土に指を入れていただきました。
「あったかーい!」
マルチをしているので土が暖かいのです。
(20~25度ぐらいを保っています。日中では40度になることも・・)
b0076710_1893493.jpg

b0076710_1811525.jpg

農業体験ということで約50メートルの畝を
5本用意していたのですが(約600株分!)
参加オーナー様36名で一斉に苗植えすると40分で終了。
b0076710_1733986.jpg

「やっぱりみんなで作業すると早いねー」
とファームマスターもビックリ!
オーナー様の熱意・パワーは凄い!
「やったー出来たぞー!」(写真は完成図)
b0076710_18334214.jpg

この日は日差しはきつくなく、ちょっと風があって
農作業にはもってこいの日でした。
ホントにいい風だったなー。農業体験は楽しいー!
b0076710_1794094.jpg

苗植えを終了し、農園の前で全員で記念撮影。

来園出来なかったオーナー様の苗は
ファームマスターが植えてくれました。
ご安心ください。

次はイチゴ狩りへ。
この様子は次回報告しますね。
お楽しみに!

オーナー様のおいも株が美味しく育ちますように!!
[PR]
by oimokabu | 2006-06-08 17:44 | 紅こがね 日記
紅こがねファームマスター紹介 2006年5月31日更新
b0076710_11412150.jpg
紅こがねのファームマスターは棚谷 保男さんです。

氏名 棚谷(たなや)保男
生年月日 昭和29年6月15日
年齢 52歳
血液型 B型 
出身地 茨城県なめがた市

昨年の「おいも株」でも美味しい紅こがねを育ててくれたファームマスターです。
棚谷ファームマスターはおいもだけでなく、米やいちご、みず菜、
チンゲン菜なども栽培しています。
野菜や果物等の一番美味しい食べ方にもこだわっています。
紅こがねを収穫したときは美味しい食べ方を聞いて、オーナー様にお伝えするつもりです。

棚谷ファームマスターは生まれも育ちも茨城県なめがた。
もちろん言葉は茨城弁。というより、棚谷弁。
語尾に「~ちゅう」「~つうか」etcがつきます。
しかも熱心な方なので、熱くなればなるほど棚谷弁。
正直???わ、わからない。。
それってどういうことですか~?の連続。
(でも、よく考えてみると私の大阪弁もひょっとして通じていないかも。。)

今年はそんな棚谷ファームマスターの熱い語りを、棚谷弁を交えて
オーナー様にお伝えしていきたいと思います!
[PR]
by oimokabu | 2006-05-31 22:27 | 紅こがね 日記
ブログ管理:久保
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
おいも株成長日記について
2011年度
「おいも株」オーナーの皆様!!
大変お待たせしました。
皆様の「おいも株」の苗を
植えてきましたので
報告しま~す。

今年も非常に多くの.
オーナー様にご登録いただき、
各農園の
ファームマスターは喜んでいます。
本当にありがとうございます。
これから半年に掛けて
このサイト上にて、
オーナー様の苗の
成育状況を報告していきますので、
半年間お付き合い宜しく
お願いします。


過去の成長日記を
ご覧頂く場合は右の
「以前の記事」から
検索できます。
その他、下へスクロール
していきますと
過去の成長記録が
ご覧いただけます。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧