オーナー様のおいも株の成長記録をお届けします。他にも店舗情報をお届けします。
by oimokabu
各農園の様子
各農園の様子:鳴門金時
各農園の様子:紅こがね
各農園の様子:安納芋
各農園の様子:霧島紅甘露
いもたこなんきん.com
白ハト食品工業株式会社
 
カテゴリ:鳴門金時 日記( 35 )
鳴門金時の苗植えをしてから・・・・
6月2日に鳴門金時の苗植えをしてから2週間ほどが経過しました。
オーナー様の「おいも株」は順調に育っているのでしょうか?
苗植え後の「鳴門金時農園」の様子をリポートします。

この時期の苗は非常にデリケート。
上手く根を張らないと風で飛ばされてしまう苗もあるそう。
また、水分を取らないと枯れてしまいます。
池添ファームマスターは毎日、畑の畝(うね)を1本ずつ歩き、
「おいも株」をチェックしています。
「池添さん、オーナー様の苗は、成長していますか?」
「上手く活着(かっちゃく)しとるよ。
見た目が盆栽みたいになっとるだろ?
これは上手く成長している形だから。」
「よかった~。」
写真をご覧ください。
b0076710_16411026.jpg

池添ファームマスターの言うように盆栽のような形、
大きさをしていますね。
そして池添ファームマスターが、
責任持って管理をしているので、
どの苗も均等な大きさで育っています。
b0076710_16412359.jpg

ここまでは成長の準備段階。
これから7月8月にかけて苗は太陽の光をいっぱい受けるために
ツルを長~く伸ばしていきます。
b0076710_16414977.jpg

===「鳴門金時」農園こだわりの土について===
おいもの品種によって、様々な味、色、形、大きさがあります。
それらは畑の気候、温度、土によって変化します。
「鳴門農園」にも色々なこだわりがありますが、
今回は土のこだわりについて説明します。
鳴門農園の土は海砂を畑に混ぜ込んでいます。
海砂は鳴門海峡の砂地で、
おいもは海砂に含まれる海のミネラルを
たっぷり吸収し、美味しくなるのです!
また、海砂は水はけがよく通気性が良いので、
おいもの栽培に適しています。
さらにさらに「おいも株」の「鳴門金時」農園では、
海砂に炭粉を混ぜ込んで害虫予防をしていて、
これは池添ファームマスターのこだわりです。
その他にも随所に池添ファームマスターのこだわりが
ありますので、今後説明してまいります。
[PR]
by oimokabu | 2007-07-19 16:12 | 鳴門金時 日記
★鳴門金時苗植え会 その後
多くのオーナー様が参加された苗植え会、
初めてのオーナー様も上手に苗植えされていました。
(農園での苗植え会の様子はコチラをクリック。)

張り切って農作業されたのでオーナー様のお腹はペコペコ。
昼食はオーナー様とスタッフでバーベキュー大会です。
今回はその時の様子をお伝えします。
(農園にお越しいただく事が出来なかった方も
秋の収穫祭のご参考に是非、ご覧ください。)

バーベキューは農園近くの大きな公園で行いました。
オーナー様と一緒に大移動です。
公園までは車で10分ほど。
公園に着くと先回りしたスタッフが待ち構えていました。
「どうぞ!苗植えお疲れ様でした。
お食事をた~くさん用意していますので、
い~っぱい召し上がってください!」
バーベキュー会場へご案内します。
「近くにこんな綺麗な場所があったんですね。」
とオーナー様の声。
この公園は海に囲まれ、場内内にはアスレチック施設も
あります。
お子様にはパラダイス!?
b0076710_15242397.jpg

本日のメニューは牛、豚に
徳島県名物の地鶏「阿波尾鶏(あわおどり)」、
焼きソバ、そして「らぽっぽ」「CHAIMON」「くろ門」「芋屋」の
姉妹店「たこ家道頓堀くくる」からたこ焼の提供です。
b0076710_152021100.jpg

また、イベント特別メニューとして「くくる」こだわりの
たこを使用した「炭焼きたこ串」が提供されました。
(この「たこ串」ですがオーナー様には大好評を頂きました!
収穫祭でも導入されるかも!?)

青空の下で食べるバーベキュー。サイコーです。
スタッフは普段、店舗でゆっくりお客様とお話も
出来ないこともあり、
この日はたくさんのオーナー様とお話が出来て大喜びです。
b0076710_15241341.jpg

「私は、阪急北花田店で申し込みしたんですよ。」
「え、そうなんですか?
私はそこの店長なんです。ありがとうございます。
次回ご来店の際は、是非、お声をかけてください。」
「もちろん!」
どんどん会話が弾みました。
b0076710_1525616.jpg

お食事が少し落ち着いた頃、
「おいも株」イベント恒例のゲーム大会開催。
今回も「さつまいも」に関するクイズが出題され、
優勝者には豪華景品がプレゼントされました。
b0076710_15251969.jpg

b0076710_15253335.jpg

ちなみにこんな問題が出題されました。
Q:さつまいもは保存するとき、冷蔵庫に入れると良い?
○か×か?
答えは最後に・・・・(分かりますか?)

クイズは大盛り上がりでした。
続いてサプライズゲストの登場です。
実行事務局では今回、オーナー様に徳島県を
より楽しんでいただきたいと思い、
徳島県阿波踊り保存協会の「本家大名連」の方々に
お越しいただき、大パフォーマンスをご披露していただきました。
写真はコチラ↓
b0076710_1526534.jpg

b0076710_15261374.jpg

b0076710_15262462.jpg

どうですか?この踊り。
お殿様に扮したユニークな姿にオーナー様は拍手喝采。
b0076710_15263841.jpg

毎年夏に開催される本場の「阿波踊り」では
このように間近では絶対観れません!
「おいも株」イベントだけかも?
そこでさらに嬉しいことに協会の方々から
「せっかく徳島にお越しくださったのですから、
踊ってみませんか?」
と、ご提案をいただき、
「阿波踊り」レクチャーをしていただきました。
私も教えていただいたのですが、観るのと踊るのでは大違い。
凄く筋肉を使います。その上リズムに合わせて踊るのですから、
難しい。
オーナー様とスタッフは一緒の輪になって踊りました。
b0076710_15264877.jpg

b0076710_1527041.jpg

15時になり、本日のスケジュールを全て終了しました。
スタッフは集合場所となった駐車場まで
オーナー様をお見送りします。
「収穫祭もお待ちしています。」
とお声掛けをしますと、
「きっと来ますよ。」
と、嬉しいお返事をいただき、スタッフ一同感激です。
b0076710_15272887.jpg

当日お越しいただけなかったオーナー様も、収穫祭は
是非、お近くの農園にお越しください。
楽しい農作業をご一緒に楽しみましょう。


クイズの答え:×
南国生まれのさつまいもは冷蔵庫で保管すると
風邪を引いてしまいます。
保管の際は常温で風通しの良い場所で保管してください。
また水分を吸収すると腐りやすくなりますので注意してください。
この秋、オーナー様宅に到着する「おいも株」のさつまいもも
同じです。宜しくお願いします。
[PR]
by oimokabu | 2007-07-09 13:53 | 鳴門金時 日記
2007年6月2日鳴門金時苗植え会報告
「鳴門金時」の「おいも株」オーナー様!
皆様の「おいも株」の苗は6月2日(土)
苗植え会にて植えて参りました。
当日は関西方面よりオーナー様が多数来園され、
スタッフと一緒に農業体験をしていただきました。
その時の様子を交えながら報告致します。

今回の苗植え会ですが、
オーナー様のご参加は総勢47名でした!
ありがとうございます。このイベントを通して楽しく
農業や食について関心を深めていただけたらと思っています。
農園が遠かったり、ご都合でご参加出来なかったオーナー様の
苗も、池添ファームマスターはじめ皆で植えてきました!
ご安心ください!

スタッフの面々は当日の朝6:00に集合し、大阪を出発。
車内では、
「オーナー様が楽しんでいただけたら良いね~。」
と話が盛り上がりました。
兵庫県明石海峡大橋を渡り、淡路島を縦断して、
徳島県へ。大阪からは2時間ほどで到着です。
写真は淡路サービスエリア↓
(遠くには明石海峡大橋が見えています。)
b0076710_1742245.jpg

農園に到着し、早速オーナー様をお迎えする準備。
心配された雨は降っていません。やったね。快晴です。
b0076710_17424186.jpg

開会式は畑前で行いますので、オーナー様には
お芋を入れるコンテナをイス代わりににしてもらうことに。
10時前になると続々とオーナー様が到着です。
b0076710_1742597.jpg

b0076710_17431153.jpg

「おはようございまーす!」
と元気の良い声が聞こえてきます。
オーナー様はきっと早起きしてくださったはずですが、
皆さん笑顔でお応えくださいました。
b0076710_17432076.jpg

10時15分に開会式。
「鳴門金時のオーナー様おはようございまーす。」
の私の第一声に皆さん
「おはようございまーす。」と。
お子様の参加もたくさんです。
(ありがとうございます。『農業体験楽しんでね~。』)
b0076710_1743334.jpg

本日のスケジュール報告をさせていただき、
続いて池添ファームマスターの挨拶。
b0076710_17434586.jpg

池添ファームマスターはこの広い広い畑を一人で管理しているんです。
プロフィールは左のイラストをクリックしてくださいね。
池添ファームマスター直伝の苗植えレクチャー
終わると、さあ~本日の活動開始です。

ここ徳島県鳴門市の直営農園「育みの里」では、
さつまいもを苗作りから行っています。
さつまいもの苗を栽培している苗床(なえどこ)が
畑のすぐ横ということもあって、
参加オーナー様に苗切り体験をしていただくことになりました。

苗床のあるビニールハウスへ移動し、苗のカット方法の
レクチャーを受けていただきました。
b0076710_1751042.jpg

さつまいもの苗作りは前年に収穫されたお芋の中から
良い状態のお芋を選び土に植えます。
たっぷりのお水をあげてやるとやがて芽が出てきます。
その芽が地上から30センチほどに伸びた状態が
苗植えのタイミングとなるのです。

オーナー様にカットはさみを持っていただき、体験スタート。
b0076710_17503830.jpg

b0076710_1751869.jpg

b0076710_17511724.jpg

出来ればオーナー様には、
本日カットしていただいた苗を植えていただきたかった
のですが、お芋の苗の特徴としてカットしたばかりの苗を
直ぐ土に植えるとうまく育ちません。
これは苗が生き物だという証拠なのです。
カットされたばかりの苗は自分がカットされたことに気づかず、
そのまま芽を伸ばそうとするのですが、
カットされてしまったので栄養分を得ることができません。
お芋は根の部分が大きくならないといけませんので、
カットしてから2.3日放置してあげます。
そして葉っぱの水分を飛ばしてあげて、「根を伸ばして
栄養を取ってね」と苗に教えてあげるのです。
なので、少し枯れかかっている苗の方がお芋は良く育ちます。

さあー!苗植えです。
この日のために3日前から池添ファームマスターが
準備していた苗をオーナー様に選んでいただきます。
b0076710_17513021.jpg

スタッフも苗を持って、さあ~苗植え開始です。
b0076710_17533758.jpg

一つ一つ丁寧に植えていきます。
池添ファームマスターは皆さんの苗がしっかり
植えられているかどうかのチェックをしていきます。
この日は直射日光がきつく、皆さん大量の汗をかかれていました。
オーナー様には、ご自分のオーナー株以外にも農業体験として
お一人様50株ほどの苗を植えていただくことになりました。
b0076710_17535232.jpg

どの方もたくさんの汗をかかれていますが、笑顔です。
「最近は土に触れることが少なくなってきたので
土の温度を体感することだけでも新鮮!」とオーナー様談。
b0076710_183656.jpg

「土が熱いよー!」
なんて声も聞こえてきました。
b0076710_1831870.jpg

お昼過ぎになり、苗植え体験終了となりました。
参加出来なかったオーナー様の苗は
池添ファームマスターと実行事務局が丁寧に
責任持って植えておりますので、秋の収穫をお楽しみに!
b0076710_1864078.jpg

苗植え体験終了後、参加オーナー様と
スタッフ全員で記念撮影をしました!!。
b0076710_1871170.jpg

その後、参加オーナー様と一緒にバーベキュー大会と
なりましたが、その模様は次回で、、、、。
[PR]
by oimokabu | 2007-06-18 16:20 | 鳴門金時 日記
★11月4日「鳴門金時」収穫祭ご報告パート2★ 2006年11月29日更新
お待たせしました。
「鳴門金時」収穫祭の昼食時の模様を報告します。

農園にて鳴門金時を収穫後、昼食会場へ移動。
農園から15分程の海の見える綺麗な公園で昼食です。

会場では既に朝から昼食の準備をしているスタッフが
待ち構えていました。
「お待ちしておりました。鳴門金時の焼き芋から
淡路島のタマネギ、鳴門わかめたっぷりスープ、
たこ焼とたーくさんご用意しております。」
元気いっぱいです。
参加オーナー様は午前中、いっぱい農業体験したので、
お腹ペコペコです。
この日は天気も良く、青空の下で食べるごはんは
どれも美味しい!!
b0076710_19185310.jpg

焼き芋には、池添ファームマスター自信作の
熟成させた鳴門金時を用意。
大阪から特製焼き芋器を持参しました。
b0076710_19191158.jpg

たこ焼は「たこ家道頓堀くくる」のたこ焼マイスターが
焼き上げ、手さばきのよい実演に見とれてしまいます。
b0076710_1919335.jpg

鳴門と言えばワカメ。ワカメがたっぷり入った鯛のあら汁は
大人気!あっという間に無くなってしまいました。
「お次は鳴門名物!地鶏の阿波尾鶏が焼きあがりました!」
b0076710_19195367.jpg

スタッフは大忙しですが、オーナー様と直接お会い出来て嬉しそう。
実はこの日、是非、オーナー様と直接お会いしたい!と
大阪本社より23名も参加していました。

少しお食事が落ち着き、
恒例?ロシアンルーレットたこ焼の時間。
たこ焼の具の中に、たこではなく、チョコ、ツナ、
コーン、そしてワサビを入れ、入っていた具によって
商品が当たるというゲームです。
b0076710_1921652.jpg

たこ焼が出来るまでの間、私が苗植え会に続き、
三線の演奏をさせていただきました。
レパートリーは前回より少し増えました。(笑)
b0076710_19212267.jpg

そしてロシアンたこ焼完成!
「どれがワサビでしょう?見た目は全く分かりませんよ。」
b0076710_19213660.jpg

160名全員にたこ焼がわたり、1人様1個召し上がって
頂くことに。
「2006年度おいも株収穫祭ロシアンルーレット
たこ焼大会スタート!!!」
とちょっと長いタイトルコールとともにスタート。
「うわわわわあ~~~、ワサビだ~!!」
「おめでとうございます。ワサビは大当たりです!」
「チョコだったー。チョコってたこ焼と意外と合うね。」
見た目は同じでも具よって味が全く違うため、感想も様々。
b0076710_19235020.jpg

お待ちかねの賞品の発表です。
今回は鳴門金時の他にも鳴門市の特産物を
もっと知っていただこうと、池添ファームマスターから
鳴門のワカメセットが贈られました。おめでとうございます。
b0076710_1922269.jpg

こうしてイベントは15:00には無事終了、解散となりました。

また、今回の「鳴門金時収穫祭」は
特別バスツアーを実施していました。
でしたので、ツアー参加者と事務局スタッフは
「鳴門渦の道」を見学して帰りました。
ここでは鳴門海峡大橋の下を徒歩で歩くことができ、
床がガラス状になっていて真下に鳴門の渦が
覗けるスポットあり、参加オーナー様は実際に
ガラスの上に立って下を覗いたりしていましたが、
私は怖くてガラスの上に立てませんでした。
b0076710_19221926.jpg

最後になりましたが、池添ファームマスターからメッセージ。
「春先には雨が多く、一転、梅雨明けには日照り続きと
天候には不安にさせられました。その中台風にあわなかったのは
皆さんの気持ちが通じたのでしょうか?
さつまいもは元来、日照りに強い作物なのですが、
鳴門金時は砂地での栽培ですので水が必要です。
この鳴門農園はスプリンクラーが整っていますので
夏場は水やりが主な仕事になりました。といっても
水は多すぎても少なすぎてもダメで、水が多すぎると
おいもの甘みが少なくなり、少なすぎると鳴門金時の
綺麗な赤色の皮が薄くなり、美味しさが半減してしまいます。
これはお天道様の様子を見ながら調節しました。
今年は美味しく出来上がりました。
全国のオーナー様鳴門の恵みをお楽しみください。
また、最後になりましたがこのインターネットを通じて
見守ってくださいましたオーナー様に感謝申し上げます。
ありがとうございました。」
池添ファームマスターありがとうございました。
b0076710_19223768.jpg

池添ファームマスターへのお便りお待ちしています。
コチラをクリックしてください。


また、各農園のおいもの出荷予定はコチラをクリック

[PR]
by oimokabu | 2006-11-29 15:12 | 鳴門金時 日記
☆11月4日「鳴門金時」収穫祭ご報告 2006年11月16日更新
さあー鳴門金時の収穫祭です。
鳴門金時収穫祭には関西方面のオーナー様から
遠くは福井県からお越しのオーナー様まで
総勢160名の参加者で開催されました。
当日の様子を報告します。

今回は新大阪駅~農園までのツアーバスも導入ということで
私、実行事務局久保は新大阪駅からオーナー様と
一緒に農園に向かうことに。
b0076710_10253468.jpg

車内ではご挨拶と本日のスケジュールの発表を
させていただき、順調に走行。
b0076710_10254924.jpg

現地スタッフからは
「もうオーナー様到着してきてるよ。」
の連絡があり、
車内のスタッフはワクワクしている様子。
現地受付コーナー↓
b0076710_12105610.jpg

ほぼ予定通りに農園に到着し、
直接農園へお越しいただいたオーナー様と合流。
それでは開会式の始まりです。
b0076710_10301822.jpg

「オーナーの皆様、おはようござまーす。」
「おはようございまーす。」
朝は早かったのですが皆さん元気いっぱいです。
160名参加の収穫祭に地元テレビ局も
取材に来ていました。
b0076710_10265236.jpg

本日のスケジュールと注意事項の案内を
させていただき畑へ移動です。
「今日はいっぱい収穫するぞーエイエイオー!!」
b0076710_1027317.jpg

今回は2チームに分かれての収穫となりました。

畑の前では池添ファームマスターが丁寧に
おいも掘りをレクチャー。
「昨日、掘りやすいようにツルをカットしときましたので
土から少し出ている残りのツルのまわりを掘ってください。
土は柔らかいので簡単に掘れます。
掘っていくとおいもが顔を出します。
ある程度掘ったらおいもの全体を持って揺すってください。
その後、そ~と引き上げてあげるとおいもが出てきます。
ただし、おいもは収穫後は非常に皮が柔らかいので
地上に出た後は砂の上において少し太陽の光を浴びさせて、
皮を乾燥させてあげてください。」
b0076710_1133666.jpg

別の畑では竹村ファームマスターが担当。
b0076710_1123327.jpg

それでは収穫開始!
それぞれ箱を持って畑に入ります。
b0076710_1126237.jpg

「うわーさらさらやー」
そうです。鳴門金時の特徴は何と言っても砂。
瀬戸内海に面している海の砂を利用して
栽培されているので土というより砂ですね。
ですので手軽に掘ることが出来ます。
「でも優しく掘ってあげないと大事なおいもに
傷が付きますよ。」
と池添ファームマスターからアドバイス。
b0076710_1221910.jpg

この日は気温が高く、すぐにオーナー様は汗だくに。
みんなTシャツになって農作業。
どんどん鳴門金時が収穫されていきます。
「収穫状況はどうですか?」
「一つ目は小さかったけど、その分、
横のおいもは凄く大きんです。」
自然って面白いですね。
隣りの株どおしで栄養を取り合いしたのでしょうか?
「収穫された方から順番に計量コーナーにどうぞ!」
ドキドキ、計量の時がきました。
計りにのせてみると、3キロを超えていました。
「やったー。」
大収穫です。
b0076710_11263151.jpg

まだまだおいも掘り体験は続きます。
ご自分のおいもを確保して、
「せっかく来たんだからいっぱい掘りたいです。」
このようなオーナー様の声を聞いて池添ファームマスターは
嬉しそう。農業って楽しいんですよ。

一方、竹村ファームマスターチームはというと
こちらもまた負けじとドンドン収穫しています。
b0076710_11274514.jpg

「あんまり張り切ると倒れちゃうので
水分補給もしてくださいね。」
どのオーナー様も凄く楽しそう。
「まるっこいおいもが出てきたー。」
中には形の変わったおいもも出てきて場が和みます。
b0076710_1203682.jpg

b0076710_1128949.jpg

「楽しい時間の最中すいませんが、そろそろ
宝探しゲームが始まるので移動です。」
「ええ~。」
すいません。今日はスケジュールがたっぷりです。

そしてもう一度参加オーナー様全員集合し、
宝探しゲームです。
「どこに宝があるか?スタッフも知りません。
フライングしないでくださいね。皆さん一斉にスタート
しますので・・・」
b0076710_13332521.jpg

もう待ちきれない様子です。
「それでは用意が出来ました?宝探しスタート!!」
b0076710_13334475.jpg

b0076710_13335398.jpg

「出て来い出て来い。」
「絶対見つけるぞー。」
気合ばっちりです。さて見つかるかな?
「見つけたー!」
「やったー。」
b0076710_1334321.jpg

あっという間に全て見つかってしまいました。
「おめでとうございます。宝をゲットされた方は大切に
昼食会場まで持っててくださいね。」
お次は昼食です。もうみんなお腹ペコペコ。
「それでは昼食会場に移動になりますので、
畑の前で記念撮影をしましょう。」
160名の参加者となるとカメラに入りきれません。
「は~い、真ん中に集まって~ハイチーズ!」
参加オーナー様のご協力をいただき、
スムーズに撮影となりました。
「大収穫だったぞ!バンザ~イ。」
皆笑顔で撮影となりました。
b0076710_13442745.jpg

お次はバーベキューです。
当日のバーベキューの様子は次回に報告させていただきます。
今回、参加できなかったオーナー様のおいもは
池添ファームマスター、竹村ファームマスターが
丁寧に収穫させていただきました。
それでは次回をお楽しみに。
b0076710_13444364.jpg

砂の上でおいもを乾かしているところ。
b0076710_18203667.jpg

おいもの収穫状況ですが、
「日照不足が心配で小さな芋が出てくるんじゃないか?と
心配だったけど大きな芋ばかりだったので
オーナーさんにきっと喜んでいただけると思う。」
と池添ファームマスター。
期待してお待ちください。

また、各農園のおいもの出荷予定はコチラをクリック

[PR]
by oimokabu | 2006-11-10 16:42 | 鳴門金時 日記
鳴門金時収穫祭にむけて 2006年10月23日更新
10月23日更新

鳴門金時オーナーの皆様こんにちは。
先日より告知しているようにいよいよ収穫祭が
近づいてきました。
苗植え会に続き、収穫祭も参加者様の多さに
緊張してきております。
ご参加出来なくても、責任持っておいもをお届け
しますのでご安心ください。

鳴門金時はもちろん、鳴門の特産物も味わってみるのも
収穫祭の楽しみ方の一つ。
今回は鳴門農園の周りの観光地、特産物などを
紹介させていただきます。
徳島県といえば、夏の阿波踊りが有名ですが、
その他観光地もたくさんあるんですよ。
今年の夏に公開された映画「バルトの楽園」ご存知ですか?
(松平健さん主演の映画です。)
この映画のロケ地にもなった徳島県鳴門市は、日本で初めて
ベートーベン作曲『交響曲第九番 歓喜の歌』が演奏された
土地なんですよ。知ってました?
一般の鳴門市民の方もロケに参加されたそうです。
ロケセットは今でも取り壊されず残っているようですので、
観光してみるのもよいですね。

淡路島のタマネギも有名です。
おみやげに購入してみてはいかがですか?
池添ファームマスターも
「この企画を通してその土地の素晴らしさを知ってもらえると
うれしいなー。」
その他、すだち、ワカメも有名です。
ちなみに私は、タマネギドレッシングが大好きです。

11月4日の収穫祭では「らぽっぽ」「CHAIMON」の
店長の参加はもちろん、普段なかなかお客様と
触れ合うことの少ない事務スタッフも参加して、
一緒に収穫の喜びをわかちあいたいと思います。

ご来園出来ないオーナー様には当日の様子を
この「おいも株成長日記」でご報告させていただく予定ですので
お楽しみに!
[PR]
by oimokabu | 2006-10-21 18:08 | 鳴門金時 日記
鳴門農園の9月末状況 2006年9月28日更新
9月29日更新 鳴門金時

鳴門金時のオーナー様、11月4日開催の収穫祭の案内は
もう届きましたか?
鳴門金時の収穫祭は新大阪駅からのツアーバスも
ありますのでたくさんのご参加お待ちしています。

最近の農園の様子ですが、
先日の台風13号が九州に上陸した時、
鳴門農園には影響なかったのでしょうか?
「う~ん。特に影響はなかったなー。少し風があったけど。」
ということは天候は安定しているのかな?
「にわか雨が降ったりはするけど、
適度に日差しがあって安定しとるよ。」
安心しました。今の時期に多く雨の日が続いてしまうと
根が腐ったりする場合があるそうです。
9月末になって涼しくなり、池添ファームマスターは、
農作業がしやすくなったと嬉しそう。
そうですよね。夏場は毎日炎天下での農作業でしたから・・・
ありがとうございます。
b0076710_14374065.jpg

葉っぱをよく見てみると少しずつ茶色が混ざってきました。
これは土の中で美味しくなってきてますよ、の合図です。
もう収穫は近くまでやってきました。
楽しみだー。
今回も試しに掘ってみました。↓
b0076710_14375482.jpg

これだともう食べれそう!
「食べれるけど、もう少し大きくなるから、
あと1ヶ月程待った方がいいなー。」
重さは左端のおいもで250g程でした。
引き続き、収穫祭の参加募集しています。
収穫祭についてコチラをクリックしてください。
残念ながらご来園出来ないオーナー様の分は
池添ファームマスターと実行事務局が、
がんばって収穫してきますのでお手元に届くのをお楽しみに。
[PR]
by oimokabu | 2006-09-28 19:21 | 鳴門金時 日記
鳴門金時の試し堀りをしました。 2006年9月7日更新
9月7日更新

皆さんこんにちは。
鳴門農園の様子をお伝えします。

そろそろ収穫時期が近づいてきましたね。
収穫祭については現在池添ファームマスターと、
おいもの状態を見ながら調整しております。
正式に決まり次第、オーナー様へお知らせさせていただきます。

収穫の時期が見えてきたので、
オーナー様のおいもがどのくらい土の中で成長しているか?
調べてみました。
こちらが9月5日に試しに掘ったおいもです。
b0076710_1571656.jpg

大きいおいもが2個と小さいおいもが3個付いていました。
重量も測ってみました。
「一番大きい芋で250g程で後は50gぐらい。
例年通り、順調に育ってるわ。」
収穫が楽しみだなー。

現在の主な農作業は畑全体への水撒き、
畑まわりの草取り、害虫駆除です。
雑草が生えだすと雑草に栄養がとられてしまうので、
おいもが大きくなりません。
池添ファームマスターは丁寧に草取りをし、
管理してくれています。
害虫駆除については葉っぱをチェックし、害虫を発見した場合、
手で払いのけたりするのですが、大きい畑ですので、
木酢液を散布して予防しています。鳴門農園の全体写真はコチラ↓
b0076710_1572314.jpg

畑に木酢液を散布することによっておいもの成長を促進したり、
害虫を寄せつけなくしたり、
カビなどを生えにくくする効果があります。
農薬ではないので、ガーデニングでも注目されているそうです。
この木酢液ですが化粧品等にも使用され、
皮膚の水分の蒸発を防止し、カサカサ部分をやさしくいたわり、
うるおいを復活させる効果もあります。
女性の方でしたら聞いたことあるかもしれませんね。
「これを使うと土の中の微生物(害虫ではないです。)が活発化し、
根の張りが良くなるんよ。」
農薬を使用せず、木酢液を使用しているのは
安全で美味しいおいもをお届けしたいという
ファーマスターのこだわりです。

池添ファームマスターへのお便りお待ちしています。
コチラをクリックしてください。
[PR]
by oimokabu | 2006-09-07 14:55 | 鳴門金時 日記
鳴門金時の梅雨が明けてから 2006年8月16日更新
鳴門金時 8月16日更新

毎日暑い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしですか?

徳島の鳴門農園の「おいも株」は順調に成長しています。
天気の方は台風10号、11号の進路が少し心配ですが、
先週1週間は日照りが続き、太陽の光を浴びて葉っぱが
生き生きとしています。
池添ファームマスターは長年のカンから
「日照りが続いているから少し水分を
あげた方が良いかな?」
と判断し、地下水をポンプで汲み上げて畑に
散水しました。
「おいも株」は久しぶりの水浴びに喜んでいることでしょう。
写真の赤マル部分が散水している
            スプリンクラーです。↓
b0076710_11263212.jpg

これからの季節どのように育っていくのかな?
「7月までの梅雨の時期はいっぱい水分を補給して
ツルを伸ばします。これからの季節は根(おいもになる部分)に
デンプンを貯める転換期になります。
‘葉がわり’といって葉っぱの色が濃い緑色から少しうすく
なります。」
今はまだ葉っぱは濃い緑色をしていますが,
これから葉っぱの色が変わっていく様子も楽しみですね。↓
b0076710_11245310.jpg


☆★☆★☆★☆★阿波踊りニュース☆★☆★☆★☆★☆★

徳島県の夏のお祭りといえば、「阿波踊り」ですね。
7月は農園のまわりで練習している方達の太鼓の音が
農園まで毎日聞こえてきたそうです。
農作業しているファームマスターの心地よいBGMに
なったかな?
本番は8月12日~15日に掛けて開催されました。
当日はたくさんの観光客が徳島を訪れました。
池添ファームマスターも見物に行ったそうです。
僕も来年は見物に行こうかな?
その日の写真をどうぞ↓
b0076710_1118871.jpg

b0076710_11181713.jpg


池添ファームマスターへの応援メールお待ちしています。
コチラをクリックしてください。
[PR]
by oimokabu | 2006-08-16 11:09 | 鳴門金時 日記
ツルの長さを測ってみました。 2006年8月3日更新
8月3日更新

7月はホントに長雨でしたね。
特に7月末は1週間のうち、半分以上
雨の日がありました。
やっと梅雨明けです。
今の鳴門農園の状況を報告します。

オーナー様のおいもは大丈夫かなー?なんて思い、
池添ファームマスターに聞きました。
「雨、雷はひどかったけど、オーナーさんのおいもに
影響はないよ。雨で気温が上がらないからちょっと
成長が遅れているけど大丈夫。」
よかったー。
でもちょっと成長が遅れている?
「梅雨明けしたからもう大丈夫!これから8月に
入ると毎日30度を越すからドンドン大きくなるって。」
ホッ(安心)。

今の「おいも株」の成長具合をメジャーで測ってみました。
ツルの長さは約110センチ。
b0076710_13334031.jpg

続いて葉っぱの大きさは
大きい葉っぱで約20センチになっています。
b0076710_13343373.jpg

8月にはいり、毎日あつい日が続き、
おいもにとって成長しやすい気温になっています。
昼間は30度を越し、土の中があつーくなり(高い時で40度)、
夕立という水分補給があっておいもにとって成長しやすい
日が続きます。

このあつい日が長く続く季節が来るので梅雨の時期に
いっぱい水分を取って葉っぱを大きくし、8月に太陽の光を
たーくさん浴びる準備をしていたわけです。
おいもって賢いですね。

その他、畑に入れない時は隣のビニールハウスで
ネギの栽培、収穫と休む日はありません。(写真下)
b0076710_1335397.jpg

もちろん、オーナー様の畑のチェックは忘れていません。
最近は「おいも株」の葉っぱをチェックします。
これからの季節は害虫のヨトウムシが発生するので
葉っぱが食べられてしまわないか?
チェックします。
さあーこれからは害虫との闘いです。
池添ファームマスターがんばってください。
[PR]
by oimokabu | 2006-08-02 13:29 | 鳴門金時 日記
ブログ管理:久保
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
おいも株成長日記について
2011年度
「おいも株」オーナーの皆様!!
大変お待たせしました。
皆様の「おいも株」の苗を
植えてきましたので
報告しま~す。

今年も非常に多くの.
オーナー様にご登録いただき、
各農園の
ファームマスターは喜んでいます。
本当にありがとうございます。
これから半年に掛けて
このサイト上にて、
オーナー様の苗の
成育状況を報告していきますので、
半年間お付き合い宜しく
お願いします。


過去の成長日記を
ご覧頂く場合は右の
「以前の記事」から
検索できます。
その他、下へスクロール
していきますと
過去の成長記録が
ご覧いただけます。
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧